jiro

ラーメン二郎 相模大野店5

ラーメン二郎 相模大野店

本日は相模大野店です。


 
 



最寄りは小田急線・相模大野駅です。


とある日曜日の昼営業の日に訪問。

この日はシークァーサーつけ麺の最終日。

相模大野駅のコンコースを歩き改札口を出て北口へ。


今回は最短距離のstation SQUAREの中を歩いて行きます。


BICカメラの右横のドアを開け、中に進むと果物屋さんが左手に右手にはスイーツを売るお店があります。


右手に銀だこを見ながら真っ直ぐ通路を抜けると、出口が見えますから、外に出ます。


外に出て右手には、自転車が通れないようにするところを通り抜けて行きます。


視界が開けると、BONO!と呼ばれている、複合商業施設が見えてきます。

ちなみに相模大野店の移転前にあった相模大野駅前店は、このBONO!の建設前にありました。

BONO!のツインビルの遊歩道を抜けていきます。



BONO!横丁を見ながら突き抜けていくと、広い踊り場に出ます。

この先には階段、エスカレーター、エレベーターがあり、いずれかの手段で地上に降りると、大野商店街が目の前にあります。



大野商店街に入ると居酒屋さんなどがあります。


ツルハドラックを目印に、右に曲がります。


10m程行くと右手にラーメン二郎相模大野店があります。

日曜営業の12時20分頃着、外待ち7に接続。
相模大野店は、入り口の手前に遊園地にあるようなチェーンを使った外待ちがあり、チェーン内に15人並べます。

右側扉は出口専用なので、両替する場合でも、入り口専用の左の扉に入ってからお願いしましょう。

チェーン内に入りきれない場合は、神社方向(外のジュースの自販機)に。
日曜祭日などは、商店街方向に並びます。


この日はシークァーサーつけ麺の最終日。
混雑を予想してましたが、少し多めの並び人数でホッとしてました。

豚増し出来る時間帯がギリギリかもしれないと懸念があったからです。

豚増しは販売中でした。良かったー!


左の扉から店内に入店したら、前の人に続いて、食券を買いに行きましょう。

店内待ちの時に、食券を見せて下さいと、店主から声がかかる場合があります。

相模大野店では、ラーメン、つけ麺を通年販売しており、夏季限定の賄いなどもあり、食券を全て見せましょう。


店内待ちから程なく着席。

店員は力士出身の店主と、小柄な方の若い男性助手さんと、見慣れぬ更に若い助手さんの3人体制。


卓上調味料は左から、白黒ミックスコショウ、マジック唐辛子、卓上醤油、一味唐辛子の4種類。
箸はエコ箸と割り箸の2種類の他にレンゲもあります。

提供順は、ラーメン→つけ麺→賄いの順番です。

こちらでは、「ラーメンいきましょう!」「おとなり〜!」など、独特の言い回しでトッピングを聞かれます。

店主「お待たせ〜!賄い〜!」と声がかかり
自「ニンニク少なめアブラカラメで!」

大ラーメン(830円)賄い(200円)豚増し(250円)生たまご(50円)つけ玉(100円)お土産・てっぺん(200円)
ニンニク少なめアブラカラメ

別角度

生たまご+つけ玉

こんもりした外観で、テンションが上がります↑↑↑↑↑↑↑

早速頂きます!!!


先ずは野菜から。
野菜はメインの助手さんがお2人いらっしゃいますが、絶妙な茹で加減で、野菜くささはもちろんなく、少しだけしゃっきり感を残した茹で上がり。
野菜も二郎の中では、重要なファクターです。美味い!


野菜を少し食べたら、豚を引っ張りだして野菜のオカズとします。


豚は旨味が抜けたものが多く、シットリとしたものが2枚程。
旨味が抜けるとパサパサした食感で、歯ざわりも良くない。
味つけはニンニクとカエシを使ったものです。

今回はハズレかなー。


野菜と豚を大体食べ終えたら、グルグルとかき混ぜていきます。


麺はややウェーブのかかった平打ちストレート。
茹で加減は完璧で、細めの麺でムチっとしたのどごしは美味いのですが、
この日は、麺にややヌメリがあり、食感があまり良くない。

まぁ今回はブレの範疇でしょう。


中盤は生たまごを割り入れて味変。
使用されてるさがみっこというブランド玉子は、玉子特有の玉子臭さが少なく、スッキリした後味。

全体的には、麺のヌメリが気になりましたが、まぁブレの範疇でしょう。

しかし苦戦してしまったので、食べ終わりの写真はなし。

ごちそうさまでした!!


帰宅してからお土産のテッペン(200円)で豚丼を。ニンニク効いていて美味かったです!

******************
ラーメン二郎 相模大野店
神奈川県相模原市南区相模大野6丁目14-9
定休日 月曜 不定休 日曜 他 臨時休業あり
昼の部
10時30分〜14時
夜の部
17時30分〜21時
web site sumoji.jp
Twitter @sumo_jiro

 
******************


豚ラーメン 板橋駅前店5

豚ラーメン 板橋駅前店

本日は豚ラーメン@板橋です。


最寄りはJR埼京線・板橋駅(東口)です。



JR埼京線の板橋駅に降りて、改札口に向かう途中に、目的地の豚ラーメンのお店が見えました。
初訪問ですので、ドキドキします。


東口(滝野川口)の改札口を出ると、左斜め前に見えました。
徒歩数秒の至近距離です。


外から恐る恐る、入り口にある券売機を撮影。
有料トッピングは定番のタマゴ系からメンマまでありますね。


ラーメン、まぜそばの他に、つけ麺もあるようです。

無料トッピングは、定番のニンニク野菜アブラからめの他に、ねぎもあるのが面白いですが、最初なので、いろいろ入れ過ぎないようにしようと思いました。


17時過ぎに友人とともに着席。
先客は3名でした。

店員はイケメンの店主な方お一人でしたが、後に助手の方も加わり2人体制。

卓上調味料は、左から卓上醤油、酢、唐辛子、コショウの4種類のようです。

卓上調味料の近めに着席出来たら、確認したいと思います。

着席してから10分弱くらいで

店主「ニンニクは入れますか?」
自「ニンニクカラメで!」

大豚らーめん(920円)
ニンニクカラメ

別角度

友人と店主は仲が良く、
ウズラありがとうございました!

初訪問の1杯目!
早速頂きます!!!


先ずは野菜から頂きます。
野菜は、しっとりした茹で加減で、しっかりと火が入っています。

ニンジンを入れてるのは、写真を撮影した時に、彩りがあった方が良いとの事で、確かに彩りありますね!


豚はギザギザな断面なものもあり、カエシの入りを考慮したものかな?
しっとり感のある食べ口と、しょっぱ目の味付けは、直系二郎と変わらないもの。
個人的には三田本店の豚が好きなので、ニンニクを載せて頂きました!


野菜と豚を食べ終えて天地返し。


麺はモチモチ感のある平打ちストレート。
芯を少し残した茹で上がりながら、さほど硬めには感じず、スルスルっと食べやすい麺です。
スープの持ち上げも良好!


スープは豚と鶏を使ったスープとの事、豚の旨味の上に鶏のコクが加わり、濃厚なスープに仕上がっています。


麺とスープのバランスは良好で、二郎系はやや麺が勝ち過ぎる時もありますが、しっかりしたスープが好印象!!


この後、野菜のカケラをサルベージして、

ごちそうさまでした!!!

******************
豚ラーメン 板橋駅前店
東京都北区滝野川7-2-6
定休日 なし
11時30分〜23時
11時30分〜21時
Twitter : @butaramen1101


******************

豚星。@川崎元住吉5

豚星。@川崎元住吉

本日は豚星。です。


最寄りは東急東横線・元住吉駅です。


 


とある日の祭日に訪問。


訪問する数日前から台湾混ぜ蕎麦と台湾ラーメンが限定販売されてましたが、自分的には辛い物が苦手……という事で、台湾メニューのレポではありません

限定情報やリアルタイム情報は、Twitterの@butaboshiでチェックです。


お昼過ぎの13時半頃に訪問。

券売機まで30分。

外待ちはお隣のガソリンスタンドまで延びる長蛇の列ですが、近くなのになかなか訪問する機会がないので、めげないで並びました。


厨房を覗くと店主の姿を久しぶりに見ました。
黙々と働いてましたが、やはり元気がない感じです。
しかし店主の姿を見てデフォのラーメンに決定。
久しぶりに基本の味のラーメンを食べてみたくなったからです。


更に30分程、店内待ちを経てやっと着席。

店内待ち中に食券回収がありました。


卓上調味料は果実酢、ブラックペッパー、昆布酢の3種類。

店員は店主と女性店員のお二人。

たくさん並んでいるので忙しそうでした。

着席してしばし

女性店員「ラーメンの方、ニンニクは入れますか?」
自分「ニンニクカラメで!」

小ラーメン(750円)生玉子(50円)味玉(100円)
ニンニクカラメ

別角度

生玉子

1年ぶりくらいのデフォラーメン!
豚が美味そうです!
早速頂きます!!


先ずは野菜から頂きます。

野菜はホクホクの茹で上がりながら、芯を残してます。

スープに浸しながら食べると美味いです!


豚は大判厚切りで、ホロホロに柔らかく、表面は醤油が染みていて塩っぱ美味い!
以前のプレーンタイプよりも、個人的なこっちの方が好き!!
美味い!!!


豚と野菜を食べて天地返し。


麺は幅広の平打ちストレート。
これくらい太いくて厚みがあると、讃岐うどんを思い出します。
茹で加減はやや柔らかめで、麺本来の風味が失われない程度。
程よく柔らかいので、スープの持ち上げが良くて美味い!!


スープはやや白っぽい見た目ですが、醤油がキリっと効いている、醤油強めのタイプながら、豚出汁タップリで美味い!
普段スープはあまり口にしないようにしてますが、だいぶ飲んじゃいました。

全体的に、麺の旨みとスープの強さのバランスも良好で、基本のラーメンでありながら、しっかり美味しい所が良いですね。
久しぶりのラーメンでしたが、充分に満足出来る味でした!

ごちそうさまでした!!!

 

***************
豚星。 
神奈川県川崎市中原区木月四丁目5-20
定休日 日曜日
11時〜24時(通し営業)
Twitter :
 

***************















ラーメン二郎 仙台店5

ラーメン二郎 仙台店

本日は仙台店です。




とある日曜日の昼の10時頃に到着。
待ちなし。
この日は友人達と車で仙台に行きました。

10時10分過ぎると次から次に行列が長くなっていきます。

写真は開店時刻の11時30分前、行列方向の交差点を越えての並び。
推定70人以上。


定刻を少し過ぎて開店。

こちらのルールは、食券を購入してから並ぶようです。

開店直後は前から順番に食券を購入していきます。


開店前から並んで先頭の時は、どこの二郎でも大体奥から座るのが決まりみたいですので、入り口から1番奥側の席に着席。


卓上調味料は、一味唐辛子、卓上醤油、黒コショウの3種類。

お箸は割り箸。

店員は店主と明るい女性助手と男性助手の3人体制。

店主は桜台、小金井、野猿、三田で修行された方。
明るく元気で男気のある方です。

スープ入れは店主、麺を計って茹で釜に投入するのは助手さんと分業が進み、少しでも早く提供しようという心意気を感じました。

程なく助手さんから

男性助手「小豚の方、ニンニクは入れますか?」
自「ニンニクカラメで!」

小豚ラーメン(790円)生たまご(50円)キムチ(50円)生姜(現金50円)
ニンニクカラメ

別角度

生たまご

生姜は現金50円で、着席時に食券と一緒に高台に置きます。

早速頂きます!!!


先ずは野菜からです。

野菜はクタよりの茹で上がり。

モヤシの芯はあるものの、表面は柔らかい。


野菜のおかずにキムチを頂きました。

関内・藤沢のニラキムチ、亀戸の玉ネギキムチに比べると辛味のパンチがあり、スープに混ぜると辛味に支配されそうなので、序盤に頂くのがいいかと。


野菜を食べながら、豚を引っ張りだしてみます。


豚はシットリしていてトロトロな柔らかさ!
旨味たっぷりながら、醤油やニンニクの効いたガツンとくる二郎の豚です!

この豚を食べられただけでも、大満足です!


豚と野菜を食べ終えて天地返し。


麺は柔らかめの茹で上がりの平打ちストレート。
厚みがありながら、スープを良く吸って麺肌もスベスベ。
柔らかめでありながら、しっかりしたボディ。
自分好みの麺で美味い!!


スープは背脂がゴロゴロ入っているヘビー系で、店主の出身店の一つである、小金井街道店を思い起こさせるもの。
加えて醤油もキリっときいた甘みと塩加減のバランスが素晴らしい。


スープはほとんど飲まない派ですが、スープがここまで減りました。
麺の持ち上げがいい証拠です。

全体的に麺とスープのバランスが良くて美味かったな〜。

関東の直系二郎の中で、ひばりヶ丘と似てる気がしました。

今年食べた二郎の中で、トップ3に入る美味しさでした!!

ごちそうさまでした!!!!!


******************
ラーメン二郎 仙台店
宮城県仙台市宮城野区立町2-8
定休日 月曜日
火〜土
昼の部 11時30分〜14時30分
夜の部 17時〜21時
通し営業 11時30分〜19時30分


******************

ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。

(画像は以前のもの)

最寄りは東京メトロ南北線・志茂駅からです。

最寄りは東京メトロ南北線・志茂駅です。

 


18時20分過ぎに助手さんが出てきて開店。

富士丸@神谷では、開店時間が大体平均するとこれくらい。

訪問した土曜日の開店時には大体40人を超える大行列でした。

Twitterを眺めていると、土日に集中する傾向があり、平日は15人前後のようですね。


この日も中待ちで現金200円を渡してジョッキ烏龍茶をお願いしました。

食券券売機には表示すらない、裏メニューがジョッキ烏龍茶です。

食券の回収の際に、200円を渡せば大丈夫ですが、一応、烏龍茶で!といえば完璧。


助手さんから生たまごが先着で配膳されました。

今回も吉田店主と助手さんの2人体制。

BGMは90年代のJ-POP。

硬めの人からトッピングコールが始まり、
今回でお願いしたので、3番目のコール。

吉田マスター「ニンニクは入れますか?」
自分「ニンニクアブラで」

富士丸ラーメン(850円)生玉子(60円)
ニンニクアブラ

別角度

別皿アブラ

最近、なんか多いので、野菜コールは回避
では早速頂きます!


先ずは上に載っている豚から。

豚はシットリとした柔らかい出来上がり。
カエシの入りも良く、ネットリとした舌触り。
国産ブタメン(豚増し)ではないので、2枚+α


野菜は完全に透き通るくらいの茹で加減。
野菜特有の緑臭さは皆無で、甘くて麺と一緒に頬張ると幸せ!


豚と野菜を食べたら天地返し。


麺はボソボソした加水率低めの平打ちちぢれ麺。
茹で釜に投入する時に、ぎゅーっと揉み込んでいます。
麺肌はつるりとしていて、噛むとボソボソザラザラした食感でバラバラになる特徴があるのが、富士丸の麺。

この麺を食べれるのは、富士丸のみなので、毎回楽しみにしてます。


スープは豚を使ったものですが、使用してる部位が特定出来ません。
豚ガラ、腕やロース系ではない、独特の風味のあるスープは、豚の脂を含んだものですが、背脂由来のものではありません。生姜が効いてます。

この日は非乳化よりで個人的には好きな味。

全体的にこの日は優しい味で、マイルドな方だったかな。

そんなブレもあるのが二郎系の楽しみの一つです。

ごちそうさまでした!!!

****************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ  
 



 




ギャラリー
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店