二郎

ラーメン二郎 中山駅前店5

ラーメン二郎 中山駅前店

本日は中山駅前店です。


最寄りは、JR・横浜市営地下鉄・グリーンライン、中山駅です。

 




中山駅改札口を右に出て、外を望んだところ。
改札口は二階部分にあり、ここからは階段を降ります。

先ずの目標はカラオケの看板のある、デニーズの裏側へ行き、着いたら右へ曲がります。


左にラーメン花月を見ながら少し進むと、左に入る路地があります。
角には、お好み焼き屋さんと、ロンドンの看板、ここを左へ。


このまま真っ直ぐ道なりで。
200m〜300m程で到着出来ます。


中山駅前店からツイートされた挨拶には秘密があり、券売機の写真に注目すると……


つけ麺開始の告知と思われます。

ここ何年かは、夏季限定メニューとして、つけ麺、ぎょったまつけ麺、ネギ汁なしを2週間のローテーションで回しています。

このツイートがあったのは、8月4日(金)の10時21分の事

つけ麺の買い方は、頼みたいラーメンのサイズなどからメニューを選び、つけ麺の食券を買います。

すると、ラーメンからつけ麺に変更する事が出来ます。

麺少なめや半分、アブラ少なめ、味薄めのオーダーは、店内待ちの食券の確認の時か着席時に、助手さんに伝えます。

無料トッピング(ニンニク野菜アブラカラメ)は、ニンニクを入れますか?と問いかけがあった時に、伝えましょう。

オプションは
ニンニク(多め・マシマシ)
野菜(多め・マシマシ)
カラメ(カラカラ)
アブラ(多め・マシマシ)

全マシ、全マシマシ、チョイマシも通じると思います。



21時15分過ぎに到着、空席1で丁度座れました。

この日も友人の方々と訪問。


店員は、ヒゲの店主、メガネのぬののふくTシャツの方、女性店員の方の3人体制。

店内の雰囲気は緩い感じの雰囲気で、殺伐とした感じではありません。

店主の人柄によるものでしょう。

卓上調味料は、白コショウとブラックペッパー、箸は割り箸。

しばらくして、ラーメンのオーダーをされた方からトッピングコールが始まり、少ししてから、つけ麺のトッピングコールが始まります。

ぬののふくな方「つけ麺の方、ニンニクは入れますか?」と声がかかり

自分「ニンニク少しカラメで!」と返答

 大つけ麺(大ラーメン(790円)+つけ麺(100円))生たまご(50円)

麺丼

別角度
      

つけ汁

生玉子

つけ汁にアブラたっぷりです!

早速頂きます!


先ずは野菜からです。

野菜は芯をわずかに残した茹で上がり。
つけ汁に付けて食べると美味い!


つけ汁から豚を取り出して、麺のおかずにしました。


豚は少し厚切りの肩ロース。
しっとりとしたカエシの入り具合なのに、肉質は柔らかくトロントロンで、極上の豚!
サイズがあれば完璧。


麺は二郎随一の細めの平打ちストレート、前回よりまた更に加水率が上がったかな?ツルツルプチンとした食感。


つけ汁は、去年のものより背脂をたっぷり入れて、パンチを出してる感じ。
ごま油、ラー油の効きも良好。

シンプルに食べたい時は、アブラ少なめの方が良いかもしれないですね。

醤油の強い二郎なので、さっぱり食べれるので、夏は特にオススメです!


さらっと完食!

まだまだ進化すると思いますが、
これからも注目です!

ごちそうさまでした!!!!

******************
ラーメン二郎 中山駅前店
神奈川県横浜市緑区台村町309-1
昼の部 11時〜14時
夜の部 18時〜21時30分
Twitter : @NKYMJIRO
 
******************





ラーメン二郎 三田本店(夜の部)1

ラーメン二郎 三田本店(夜の部)

本日は三田本店です。


最寄り駅のJR田町駅から行きました。


とある土曜日の日、あいにくの土砂降りの中、三田本店へ。

この日は会社から抜け出しての訪問です。

17時40分頃着、田町駅でした。


田町駅西口へ出て、エスカレーターを降りると正面のタクシー乗り場の右手から周り込みます。

少しですが屋根があるので、雨降りには悪くないです。

目の前にある大通りは、国道15号線。

今回も慶応仲通り商店会の中を歩いて行きます。


慶応仲通り商店会は、大学のお膝元という事もあり、呑み屋や飲食店の多い商店会ですが、自分がよく見かけるのは近隣の会社員の方々あたりかな。
スーツを着た男性が多い気がします。

この日は雨降りの土曜日という事もあり、人の通りはまばらでした。


慶応仲通り商店会を抜けると、三田四丁目交差点です。

写真正面の道路から横を通る右手に行く道路は、桜田通り。

国道1号線から分岐して、皇居の桜田門方面に続いていきます。


三田四丁目交差点から桜田通りを渡り、
左手に桜田通りを見ながら進みます。

その昔、都立大近くにあったお店の1回目の移転先は、この三田四丁目付近にあったと言います。

右手に見える樹々は、慶應大学三田キャンパスの一部。


途中、慶大正門前を通過。

2回目の移転前、三田四丁目交差点付近にあったお店は、都市計画の影響で、移転を余儀なくなったそうです。

その時創始者は、移転先が見つからず廃業も考えていたそうです。

お膝元の二郎好きの慶應大学生とOBの中では廃業話を知り、慶應大学三田キャンパスに誘致をしようという計画が持ち上がったそうです。

そして運良く現在の場所が空き地になり、慶應大OBの力添えもあり、現在の場所に2回目の移転となったようです。



慶大正門前を通過し、緩い下り坂を下ると横断歩道の先に三田本店があります。

大行列時には、横断歩道を渡らず帰る人のスポットがこの辺り。


この日は開店から少し経ち、大雨の影響からか待ちはないようですが、臨休か?と少し心配しながら行きました。

しかし裏口のドアが開いていたので、営業はされてるだろうと、少し胸をなでおろしました。


到着すると空席4だったので、即着席。

1番席でした。

トッピングコール時に、?番の方とか、突き当たり右の〜の方、ニンニクを入れますか?と聞くのが三田本店の伝統。

ちなみに客席側からか見て、右手の端から1番から始まり、左手奥の券売機側が13番となります。


カウンターには割り箸と卓上調味料は、白コショウ。

なぜ白コショウかというと、ラーメン二郎が創業当時は、ブラックペッパーは一般的ではなく、ラーメン当時いえば白コショウがお決まりでした。

店員は、創始者の息子さん、野猿と小金井で麺あげをされていた方がメイン助手、どこかでお見かけしたゴリラ顔の方の3人体制。


しばらくして麺あげが終わり、

メイン助手な方「大ダブルの方、ニンニクは入れますか?」と声がかかり

自分「ニンニクカラメで!」と返答


ぶたダブル入り大ラーメン・大ダブル(850円)
ニンニクカラメ(0円)

別角度

最近では一番の盛具合!
早速頂きます!!!


先ずは豚を引っ張りだして、豚から頂きます!


豚は大好きな脂身のタップリついた腕肉。

柔らかいもので脂身のついたものは、カエシの入りは浅くプレーンな豚の味を堪能出来る。

醤油色に染まった豚は、ニンニクと醤油のガツンと効いた三田の豚は、塩っぱくて舌先にピリピリとくるジャンクなもの。

三田本店では、いろいろなブロックの1部を切り分けて出して頂けるので、いろいろな食感と味が楽しめる。

三田本店に行ったら、是非とも豚をマシて頂いて、豚を堪能してもらいたいです!!



野菜は三田本店の冷たい野菜で、ここ数年でもやし率が高くなり、キャベツ率は落ちましたが、茹で上がった野菜の後に水をぶっかけるのが三田本店。

ラーメン二郎の元のレシピは、トンカツから発想してると言います。

ラーメンに生キャベツじゃ食べにくいから茹でた。トンカツの野菜は元々冷たいから、水で冷やしてるのかしら。


さて豚と野菜を食べ終えて、麺をほぐしていきます。



麺は柔らかい茹で上がり。

麺肌はモチモチツルンとしていて、プニプニな食感。

相当量の水分量が内在していて、あまり食感としては良くないかな。

箸で麺を持った時に伝わる重量感が重い時には、ほぐすようにしてます。

麺は柔らかいと底に沈んでギッチリと固まるからです。
そうなると食べてる体感より、全く減らなくて心が折れる時があります。

逆に硬いと見た目程の量はなく、案外サクサクと見た目が減っていきます。


スープは乳化しているものの、醤油のキレはなく、甘くもしょっぱくもなくて。

次回はカラカラでニンニク多めかな。


豚は美味かったけど、スープと麺は現在だと自分の好みじゃないかな。
麺の水分量の問題かもしれません。

ごちそうさまでした!

***************
ラーメン二郎 三田本店
定休日 日・祝
昼の部 8時半頃〜15時頃
夜の部 17時頃〜20時頃

***************






ラーメン二郎 横浜関内店

ラーメン二郎 横浜関内店

本日は関内店です。


最寄りは横浜市営地下鉄・ブルーライン、伊勢佐木長者町駅です。
JR関内駅から行きました。
今回は、友人達と行きましたので、道順は前回の分をご参照ください。


19時過ぎに到着、待ちは24と関内店では少なめ。
券売機前の大きさ確認エリアまで25分くらい。

豚メニューもダブルは売り切れでしたが、普通の豚マシは販売中。
ネギも販売中でした。


席が空いたら着席。
友人達は、二郎慣れしてるのでバラバラでも問題なし。

食券を高台に置く時には、真ん中に適当に置くのが自分流。

お店によっては、斜めにすると柔らかめの目印だったり、横にして次回のロット(調理)だったりと、ルールはバラバラなので、どこでもない真ん中に置くようにしてます。



お水は店頭付近の給水器から。
カウンターは11席あり、テーブル席や小上がりは無し。
入り口付近の4~5席の後ろを通る時は狭いので、カニ歩きするように歩きます。

お水は着席前に汲んでおくのがスマートかな。


卓上調味料は、白コショウ、酢、一味唐辛子の3種。

店員は店主、メガネをかけた麺あげもされてる方、新人で年輩の小柄なメガネな方の三人体制。

着席して3分程で
助手さん「小ぶた汁なしの方、ニンニクは入れますか?」と声がかかり
自分「野菜少なめカラカラで!」と返答。

小ぶた(790円)汁なし(80円)
野菜少なめカラカラ

別角度

この日の2杯目!
早速頂きます!


先ずは豚から頂きます。


豚は大判厚切りのバラの巻き豚。

外側の部分はトロトロ、赤身の部分も柔らかく、めっちゃ美味い!!

カエシの入りもカラメで美味かった。

野菜は少なめにしたので、少量でしたが、クタよりでシットリした味わい。


フライドオニオンと卵黄を残して天地返しをしながらグルグルと混ぜていきます。


麺は細めの平打ちストレート
高密度な麺で、茹で加減は硬め。
麺肌はツルツルですが、噛むと激しく歯を押し返してくる弾力は、関内店ならでは。


汁なしにブラックペッパーはあらかじめかけてあり、パンチのあるジャンクな味。
自分の好みだと、ブラックペッパー少なめが好きなので、自分で調整出来たらなーとは思いますが、もちろんお店の方針に従います。


ごちそうさまでした!!!

(写真ブレ申し訳ないですm(_ _)m)

食べ終わってすぐ並び直し……
待ち20に接続。

20時10分ちょい過ぎでした。


30分程で再び店前へ。
助手さんがニッコリと笑顔で麺の大きさ確認。

友人から味玉とニラキムチの食券を、誕生日祝いで頂きました!
ありがとうございます


更に10分ちょっとで先程着席した席の左隣りへ。

着席すると麺あげが始まり、
助手さんから「ラーメン半分の方、ニンニクは入れますか?」
自分「野菜少なめニンニクで!お願いします」と返答

小ラーメン半分(690円)ニラキムチ味玉(友人から)

ニラキムチが色鮮やか!

では早速頂きます!



豚は1杯目よりやや薄めで小さくなりましたが、そこそこお腹いっぱいなので、ありがたい。

クオリティそのものは、1杯目と変わらず、素晴らしい出来上がりの巻きバラ肉は、関内店の名物の一つ。

2杯目でも、美味かった〜!!


ニラキムチは、麺を半分にしたので堂々たる割合

タレに充分に浸かっていて、かなりのピリ辛具合。

味変に使おうと思いましたが、残しておいて失敗。。。


少しニラキムチや豚をどかすと、すぐに豚が出てきました。



2度目の茹で加減は、1度目よりも更に硬い茹で加減。
咀嚼力が落ちているので、飲み込み辛い。
しかし小麦粉の風味の感じる麺です。


スープはニラキムチを混ぜないと、やや甘めでアブラの回った味。
ニラキムチとニンニクを混ぜるとピリ辛に変化。

ニンニク辛さと唐辛子の辛さに翻弄さるながら、なんとか完食。

ごちそうさまでした!!!

*****************
ラーメン二郎 横浜関内店
神奈川県横浜市中区曙町2丁目31
定休日 水曜
昼の部 11時〜14時30分
夜の部 18時〜22時
twitter : @kannaijiro


*****************


Twitter : @kousuke_jiro


ラーメン二郎 神田神保町店4

ラーメン二郎 神田神保町店

本日は神保町です。


最寄り駅は、都営地下鉄三田線・半蔵門線・新宿線の相互乗り入れをしている、神保町駅です。

最寄り出口はA2出口になります。



神保町駅の構内は広く、三路線の相互乗れの為に、地下3階の構造になってます。
違う出入り口に出ると、かなり遠くになってしまうので、A2から出るようにします。


A2出口を左に出て、すぐにあるカレー屋さんを通り過ぎ、


写真のプリントパックという印刷屋さんのある路地を左へ入り、印刷屋さんの隣にあるのが、ラーメン二郎 神田神保町店です。


11時35分に到着すると待ち30と長め。
この日は土曜日。

まぁ1時間くらいは軽く待ちそうですが、仕方なし。
着席まで1時間5分でした。

**************
ローカルルール
・行列の先頭から10人くらいまでの間に、麺の大きさ(量)を助手さんが聞きにきます。
その時に、大・小・少なめ・半分等の麺の量を伝えます。(豚マシやトッピングは伝えない)

・【注意】麺の大きさ確認の際に、ロット(1回の調理数)の切れ目の所で、「こちらから次回になりますー」と言われる場合は、案内されるまで、空席が出来ても着席出来ません。
行列の先頭になったら、出入口を広く空けて待ちます。

・着席する時は、助手さんの指示に従って着席します。大体、奥側からの着席を指示されます。

・ロット(一回の調理数)入れ替え制のようで、退店したお客さんが5席空くまで待つ場合があります。



前の人に続いて着席。

店員は神保町店主と、どこかで見かけた助手さんな方の2人体制。

半年以上経ったという助手さんは、先輩助手さんと遜色ない無駄のない動き。

将来有望ですな。


卓上調味料は、白胡椒と粒のデカイ唐辛子の二種類。

前に並んでいた人から順番に、「小ラーメンニンニクは〜?」と、声がかかります。
トッピングしながら、コールの復唱するのが特徴的。

店主「小豚、ニンニクは〜?」と声がかかり
自分「ニンニクカラカラで!」と返答

小豚(800円)生玉子(50円)生玉子(50円)
ニンニクカラカラ

別角度

生玉子x2

綺麗なビジュアルで、テンションが上がります

では早速頂きます!!!



先ずは野菜から頂きます。

野菜はキャベツ多めで、透き通るくらいの茹で加減。
モヤシも軽く芯がある程度でちょうど良い。
野菜完璧で更に

野菜のオカズには豚です。


豚はチョイパサだったので、ニンニクを載せて頂きます。
サイズは大判で厚切り、ニンニクを載せて食べると美味いです!


野菜と豚を食べ終えて、天地返し。
ほぐしながら醤油の染みた麺を引っ張り出します。



麺はチョイボソな平打ちストレート。
のどごし、スープの吸い上げ、絡み、平均的にいい感じです!
茹で加減は、やや柔らかめでチョイデロなのも好き!


途中で1個目の生玉子を投入、熱々なので温度を下げると同時に、すき焼き二郎を堪能。


2個目の玉子を投入、この後に唐辛子を使って味変。



スープは非乳化よりで液体アブラも多めでした。
まぁ時間帯によるものだと思いますが、三田や神保町は時間により乳化したりもします。

様々な表情を見せるスープが実に二郎らしいと思いますし、今日は非乳化よりだった、乳化よりだったと一期一会の出会いが、二郎の醍醐味だと思います。


全体的に柔らかめでチョイボソな麺と、非乳化〜微乳化よりなスープの組み合わせは、とても美味い一杯だったなーと、大満足なひとときでした。

ごちそうさまでした!!!!

******************ラーメン二郎 神田神保町店
東京都千代田区神田神保町2丁目4-11
定休日 日曜日 祝日
通し営業
11時〜17時
Twitter なし
メルマガ まぐまぐ! 0001676039

********************

ラーメン二郎 相模大野店5

ラーメン二郎 相模大野店

本日は相模大野店です。


最寄りは小田急線・相模大野駅です。


改札口の目の前には、station SQUARE。

通路階には生鮮食料品や、洋菓子のお店が入居しています。

ビックカメラを見ながら右へ向かいます。


station SQUAREの高所階にはセンチュリー相模大野が入居してます。

この写真の先には駅前広場があり、station SQUAREの建物に沿って歩き、駅前広場に出たら左へ。


駅前広場は、駅前の商業施設やバスターミナル、相模大野商店街などに繋がる通路にもなってます。

先ずは右側に見えるBono!相模大野とヘルスサイエンスセンターの間の通路を行きます。


この大きな通路は相模大野商店街に続いています。


通路の奥の方まで歩いてきました。

写真には階段が写ってますが降りずに先端の方まで進みます。


先端まで来ました。

ここには階段・エスカレーター・エレベーターとあります。

ここら辺りで地上へ降ります。


階段を降りる途中で大野商店街の入り口が見えます。

大野商店街のツルハドラックの所から右に入るので、大野商店街の中を進みましょう。




大野銀座商店街に入って1〜2分。
ツルハドラックまで来ました。
ツルハドラックの所を右折します。


すると明るい所で黄色い看板が見えますので到着です。
駅から徒歩7~8分。


20時ちょうどに到着すると、外待ち11。
中待ちが5~6として、合計16〜17人。
相模大野店ではロットあたり7~9人で原則回っているので、うまくいけば2ロット程で食べられそうです。(25〜30分)


5分程で出口付近に到着。
相模大野店では外から見て、左側の扉から入り、右側の扉が出ます。
外待ちは、左右扉の間を縫う感じで並びます。

券売機に目を向けると、豚マシ食券は売り切れ表示。
幸い大ラーメンは販売中だったので、大盛りにしよう。


今回のお目当ては、シークァーサーつけ麺、夏季限定販売です。


限定販売や営業情報は、
Twitterは、@sumo_jiroで、
サイトはsumoji.jpで確認をお願いします。


到着から10分ちょっと。
左側の扉の前に到着。

店内に入店したら、
前の人に続いて食券を買いに行きます。

この時、前の人が買いに行ってる場合は、前に詰めないようにしましょう。

食券を買って戻ってきたら、並ぶ所がなかった(後ろの人に詰められた)という経験はよくあります。


無事に食券を購入出来ました。

中待ちで呼びかけられる事は、以下の通りです。

・食券を買ってお待ち下さーい!
・先頭の方から食券を見せて下さい!
・先頭の方、青いポールから詰めてお待ち下さーい!
・(男性グループ等に)お並びで座れる事が出来ない事もありますが、大丈夫ですか?



程なく着席。

店員は店主とだいぶ慣れた若い助手さん、年輩でこちらではベテランの女性の三人体制。

トッピングコール時は、
・ラーメン行きましょう〜
・お隣つけ麺〜
・少なめ〜

など、メニュー名で呼ばれる事が多く
「ニンニクは入れますか?」と言われる事は、ほとんどないのでご注意下さい。

禁句コール
・ニンニクマシ・ニンニクマシマシ
・野菜マシ・野菜マシマシ
・薄め
・アブラ少な目
・麺少な目→少なめラーメンの食券購入
・麺半分

少なく出来るコール
・ニンニク少な目
・野菜少な目

トッピングコールの順番
① ニンニク
② 野菜
③ アブラ
④ カラメ

※①~④の順番でコール、増やさないものは除外してコール。

例 ニンニク野菜〇
    野菜ニンニク✕
   ニンニク野菜アブラカラメ〇
   野菜ニンニクカラメアブラ✕
   全部✕
   全マシ✕


話を戻して……

卓上調味料は
左からマジック唐辛子、卓上醤油、白黒mixコショウ


相模大野店で販売されている生玉子は、さがみっこというブランド玉子。

生玉子特有の臭みのない玉子なので、毎回お願いしています。

さて、店主からシークァーサー大盛り〜と声がかかり

自「ニンニクアブラカラメ」とコール

シークァーサーつけ麺(150円)、大(820円)つけ玉(100円)つけ玉(100円)


見た目普通のつけ麺と変わりない感じですが、何はともあれ早速頂きます!!


先ずは麺の上に野菜を引き上げて、つけ汁の濃度を下げないように移しました。

野菜は程よいゆであがり。
硬くも柔らかくもない秀逸な出来上がりです。

調理担当の助手さんが複数いらっしゃいますが、誰が調理しても野菜の茹で加減は、ほぼ一定です。
天地返しをしなくても、パクパクいけちゃいます。


豚は小ぶりのものが2枚。

かなり相模大野店で食べてますが、全ての豚が柔らかく、ニンニクやカエシ(醤油)の効きが抜群で、麺や野菜のオカズに最適で美味い!!

脂身は、お土産販売のてっぺんにいってるみたいです。


野菜や豚を食べたらいよいよ麺です。



麺は細めの平打ちストレート。

茹で加減は芯を少し残したゆであがり。

加水率はやや低めのようで、ちょいボソながら、しなやかな麺のしなりも感じられるもの。

つけ麺において、加水率が低過ぎるとのどごしが悪くなりますが、つけ汁の引き上げは良くなる。
逆に加水率が高過ぎると、のどごしが良くなりますが、つけ汁の引き上げはわるくなる。

今回の麺は、イイトコどりで凄く美味かった。


麺をたくさん一気につけ汁に投入すると、つけ汁がぬるくなるので、ちょん付けで、日本蕎麦のようにして頂きます。


つけ玉は、さがみっこにカエシを合わせたもの。
生玉子のマイルドさに醤油の塩味が合わさり、つけ麺で食べると堪らない味。


終盤は、温存していたつけ玉を麺の上に直接投入して、釜玉風にしたりして、美味しく頂きました。



つけ汁は閉店前だからか、上から下までよくアブラが回り、濃厚でトロミすら感じるもの。
それに加えてシークァーサーの強酸味が、舌先をコツコツとノックして刺激的な味で美味い!!

某店のポン酢に劣らない酸味で後を引く味でした!


全体的に丁寧で繊細な味です。
二郎といえば、自分からすると雑味の印象が強いのですが、
相模大野店に関しては、雑味が少なく、クリスタルガラスのようなクリアな印象です。

ざかみっこも美味かった〜!!

ごちそうさまでした!!!!!


******************
ラーメン二郎 相模大野店
神奈川県相模原市南区相模大野6丁目14-9
定休日 月曜 不定休 日曜 他 臨時休業あり
昼の部
10時30分〜14時
夜の部
17時30分〜21時
web site sumoji.jp
Twitter @sumo_jiro



*****************

ギャラリー
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店