ラーメン富士丸

ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄りは、東京メトロ南北線・志茂駅からです。




詳細な道順は、こちらからご覧下さい。


とある日の土曜日、18時半過ぎに到着すると、外待ちベンチ+5人程、中待ちを合わせると25人待ちくらいでしょうか。

入店する際には、助手さんの誘導に従い、外待ちは前が進んだら詰めていきます。

富士丸@神谷では、18時25分くらいに開店しますので、並びはピーク時間帯だと思います。


最近は逆流性食道炎の影響で、少し量はセーブしてますが、この日は少し体調が良かったので、国産ブタメンをチョイス。

中待ちまで1時間半、火曜〜金曜はそこまで混んでないようですが、土曜日くらいしか川崎から行けないので、仕方なし。


中待ちから10分程で着席。
カウンターの卓上調味料のたくさん置いてあるところでした。



卓上調味料は、左から卓上醤油、すりゴマ、一味唐辛子、黒コショウ、ラー油の5種類。

店主は富士丸グループ総帥の吉田マスターと、マスターとたまに口論もする助手さんの二人体制。

着席時も助手さんの誘導に従います。

しばらくして吉田マスターから、ニンニクは入れますか?と声がかかり

自「ニンニクカラメで!」

国産ブタメン(1150円)生玉子(60円)
ニンニクカラメ

別角度

野菜コールはしませんでしたが、なかなかの盛り!
早速頂きます!!


先ずは豚からです。

豚はしょっぱい味つけの、古の二郎の豚で、醤油とニンニクがビンビンに効いて美味い!

大きさや枚数にはその都度違ってたりしますが、いつも満足出来るボリュームを頂いてるので、+300円と高めの値段設定ではありますが、お値段以上のまのを頂いてる気がしてます!

この日も厚切りのものがゴロゴロと、枚というより、個と数えた方がいいくらいでした。


豚と野菜を食べて天地返し。




麺は神谷本店の二階で打たれている、自家製平打ちちぢれ麺。
ザラザラとした麺肌に噛むとボソボソ感のある低加水麺は、癖のある食感です。
基本の麺の茹で時間は3分で、硬めの茹で上がり。
麺を茹で釜に投入する時に、ギューっと捻りを入れてます。

そのちぢれ具合が、ノドを通過する時にプルプルっボソという食感を生みます!

茹で前麺量は、基本の富士丸ラーメンが体感で350g程。

二郎系の中でも屈指の麺量を誇ります。


スープは豚の特殊な部位を使用した独特の香りのするスープで、そこにカネシ醤油がガツンの生姜が効いていて美味い!

アブラの含有量が高く、二郎系の中でも超コッテリです!

野菜は写真を撮り忘れましたが、鍋で茹でているクタ野菜で、キャベツは芯まで煮えていて甘く、モヤシは飲めるくらいの柔らかさ。
唐辛子をかけてもよし、スープに浸して食べるのもオツなものです。

全体的には硬い麺とアブラの強いスープでバランスはとれていました!
強烈な一杯!

ごちそうさまでした!!!



**************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時


**************
 



 

ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄りは東京メトロ・南北線、志茂駅です。



志茂駅の改札口は地下にあるので、1つしかない改札口を出て左に行き、1番出口から地上に出ます。


地上に出たら、TOYOTAの販売店が見えたら正解。


右手方向に進みます。

お店は志茂駅前を通る北本通り沿いにありますので、徒歩10〜15分程で到着します。




到着時はベンチ超えの待ち25ほど。

訪問したのは土曜日なので、いつもながら混んでいます。


1時間半程並んで、助手さんの誘導に従い着席。

中待ちの時に食券と現金200円を渡し、烏龍茶をお願いしました。


コップとお水とおしぼり、レンゲは小上がり横の店内奥からセルフで。

店内に入店する時、着席する時は、助手さんの指示が出てから動くのが、富士丸のルール。

また食べ終わった丼等は、必ずそのままにします。
片付けは助手さんが行うのが、神谷のローカルルールです。

しばし待ってから吉田さんから

吉田さん「ニンニクは入れますか?」
自分「ニンニク少なめで」

富士丸ラーメン(850円)
ニンニク少なめ

別角度

今回はコンディションが良くなかったので、デフォで。

早速頂きます!

野菜コールしなかったので、豚からいきます。


豚は柔らかめの煮あがりの腕肉で、カエシの染み込みが完璧で、麺のオカズに最適です!


麺をほぐしながら天地返しです。


麺は硬めの平打ちちぢれ麺。
ゴワゴワとした食感で、ボソボソした低加水麺は、富士丸ならでは。
この日は少なめにブレたかな〜

スープは黄色っぽい見た目のアブラと豚出汁の強いスープ。
多分、脂分の多い部位を使ってるんだと思いますが、背脂由来じゃないのは確かかな。
ふんわりした甘さが特徴のスープは、自分の中では謎のまま。


内容が軽かったので、さらっと完食!

ごちそうさまでした!!

**************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時


*************
 



 

ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。

(画像は以前のもの)

最寄りは東京メトロ南北線・志茂駅からです。

最寄りは東京メトロ南北線・志茂駅です。

 


18時20分過ぎに助手さんが出てきて開店。

富士丸@神谷では、開店時間が大体平均するとこれくらい。

訪問した土曜日の開店時には大体40人を超える大行列でした。

Twitterを眺めていると、土日に集中する傾向があり、平日は15人前後のようですね。


この日も中待ちで現金200円を渡してジョッキ烏龍茶をお願いしました。

食券券売機には表示すらない、裏メニューがジョッキ烏龍茶です。

食券の回収の際に、200円を渡せば大丈夫ですが、一応、烏龍茶で!といえば完璧。


助手さんから生たまごが先着で配膳されました。

今回も吉田店主と助手さんの2人体制。

BGMは90年代のJ-POP。

硬めの人からトッピングコールが始まり、
今回でお願いしたので、3番目のコール。

吉田マスター「ニンニクは入れますか?」
自分「ニンニクアブラで」

富士丸ラーメン(850円)生玉子(60円)
ニンニクアブラ

別角度

別皿アブラ

最近、なんか多いので、野菜コールは回避
では早速頂きます!


先ずは上に載っている豚から。

豚はシットリとした柔らかい出来上がり。
カエシの入りも良く、ネットリとした舌触り。
国産ブタメン(豚増し)ではないので、2枚+α


野菜は完全に透き通るくらいの茹で加減。
野菜特有の緑臭さは皆無で、甘くて麺と一緒に頬張ると幸せ!


豚と野菜を食べたら天地返し。


麺はボソボソした加水率低めの平打ちちぢれ麺。
茹で釜に投入する時に、ぎゅーっと揉み込んでいます。
麺肌はつるりとしていて、噛むとボソボソザラザラした食感でバラバラになる特徴があるのが、富士丸の麺。

この麺を食べれるのは、富士丸のみなので、毎回楽しみにしてます。


スープは豚を使ったものですが、使用してる部位が特定出来ません。
豚ガラ、腕やロース系ではない、独特の風味のあるスープは、豚の脂を含んだものですが、背脂由来のものではありません。生姜が効いてます。

この日は非乳化よりで個人的には好きな味。

全体的にこの日は優しい味で、マイルドな方だったかな。

そんなブレもあるのが二郎系の楽しみの一つです。

ごちそうさまでした!!!

****************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ  
 



 




ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄りは東京メトロ南北線・志茂駅です。




土曜日の17時40分着、待ち18に接続。
神谷本店は、平均して20分程遅れて開店しますが、18時20分過ぎの時点で40人程並んでいた模様。

40分程並んで店内へ。



中待ちで食券回収と現金200円を出して、ジョッキ烏龍茶お願いしますと助手さんに伝えた後に、カウンターに案内されて着席。

お水とおしぼりは、店内通路奥の右手からセルフで持ってきます。


ジョッキ烏龍茶が先着。

なみなみと注がれているので、少しづつ飲む事にしてます。

店員は、吉田マスターといつもの助手さん。

たまに口喧嘩もしてますが、基本的に仲は良いようです。


卓上調味料は、手前から一味唐辛子、ラー油、すりゴマ、ブラックペッパー、卓上醤油。

昔読んだブログで卓上調味料は、アレンジして食べると、また美味さが広がるとの事でした。

最近の自分の好みは、ブラックペッパーで、アブラの強い富士丸はよく合うと思います。

さて久しぶりに柔らか目でお願いしなかったので、少しドキドキしながら、吉田さんから視線が飛んできて

吉田マスター「ニンニクは入れますか?」

自「ニンニク野菜カラメで!」とコール


富士丸ラーメン(850円)生たまご(60円)ゆでたまご(100円)
ニンニク野菜アブラ(無料トッピング)

別角度

別皿アブラと生たまごとゆでたまご

国産ブタメンじゃないので立派な盛りです!
早速頂きます!


先ずは野菜からです。

富士丸の野菜は鍋で茹でていて、鍋に入れたての時には、鍋蓋が閉まらない程。
茹でてる段階で、蓋が閉まっていきます。

しっかり茹でられたモヤシは柔らかく、キャベツは甘い。

野菜コールすると、盛れるだけ盛ってくれます。


豚を引っ張りだして、野菜のオカズにします。

豚は富士丸ラーメンだと2〜3枚くらいで、この日の豚は脂身が多目の好みなタイプ。

赤身はしっとりとしていて、カエシの入りがよく硬さは感じられない絶妙な茹で加減です!

やっぱり国産ブタメンがいいなぁ。。。



豚と野菜をあらかた食べたら天地返し。

こ、これは


麺は黄色っぽい見た目の平打ち縮れ麺。
この日の麺肌はツルツルぷるんとした出来上がり。
加水率は低くボソボソとした食感で、ワシワシとしたのどごし。
この独特な食感は富士丸ならでは。


スープは、この日訪れた時間帯が早めなからか、非乳化よりですが、アブラの含有量が多いのは変わらず。
生姜の効きもイマイチだったかな。

全体的にはやや麺が強めでしたが、概ね美味い一杯でした!

ごちそうさまでした!!!!

****************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ  
 



 










ラーメン富士丸 西新井大師店5

ラーメン二郎 西新井大師店

本日は富士丸@西新井大師です。

(写真は前回のもの)

最寄りは東武大師線、大師前です。




この日は土曜日の開店直後の訪問。

空席有りですぐに着席出来ました。

初めて見る若い男性助手さんがキビキビと動いておられるのが印象的でした。

将来、有望ですねー。



食べ終わった時に裏口に貼られていた貼り紙を掲載しときます。


卓上調味料はすり胡麻、一味唐辛子、卓上醤油、ラー油、胡椒の5種類。

店員はマサ君店長と新人の若い男性助手さん。

いつもの可愛い女性助手さんは不在でした。

しばし待ってマサ君店長から、「ニンニクは入れますか?」と声がかかり

自「ニンニクカラメ」とコール

豚(1150円)生たまご(60円)
ニンニクカラメ

別角度

生たまご

久々に豚入りにしてみました!

豚が美味しそうです!

早速頂きます!


先ずは豚から頂きます。

豚は脂身もついてる好みなタイプで、しっとりとした肉質、カエシの染み込みが軽く入っていて、マイルドな口当たり。

少しパンチが欲しかったので、ニンニクを載せて食べると至福な味に、美味い!!


野菜はよく煮込まれたクタクタ野菜で、キャベツは完全に透き通り、ロールキャベツのような味わい。
モヤシは麺と一緒に食べても気にならないくらいの歯応えで、飲める野菜です!



豚と野菜を大体食べ終えて、ほぐしながら天地を返していきます。


麺は富士丸製麺(神谷本店の2F)の平打ちちぢれ麺。
この日の茹で上がりは硬めで、ボキボキな食感。
ワシワシとした食感な低下水麺は舌触りはボソボソです。
小麦粉の塊をかじったような食感だったので、個人的にはもう少し茹でて欲しいところ。



スープは、非乳化よりで醤油の主張もあるタイプですが、アブラ分もタップリ内包された富士丸のスープ。
ニンニクが多めだった為(普通のニンニクコール)、ニンニク辛く、個人的には終盤キツくなってしまいました。

次回はニンニク少なめで、お願いしようと思います。

ごちそうさまでした!!!


******************
ラーメン富士丸 西新井大師店
東京都足立区西新井1-7-7
定休日 毎週月曜
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
人気ブログランキングへ  


ギャラリー
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店