らーめん

ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄りは、東京メトロ南北線・志茂駅からです。




詳細な道順は、こちらからご覧下さい。


とある日の土曜日、18時半過ぎに到着すると、外待ちベンチ+5人程、中待ちを合わせると25人待ちくらいでしょうか。

入店する際には、助手さんの誘導に従い、外待ちは前が進んだら詰めていきます。

富士丸@神谷では、18時25分くらいに開店しますので、並びはピーク時間帯だと思います。


最近は逆流性食道炎の影響で、少し量はセーブしてますが、この日は少し体調が良かったので、国産ブタメンをチョイス。

中待ちまで1時間半、火曜〜金曜はそこまで混んでないようですが、土曜日くらいしか川崎から行けないので、仕方なし。


中待ちから10分程で着席。
カウンターの卓上調味料のたくさん置いてあるところでした。



卓上調味料は、左から卓上醤油、すりゴマ、一味唐辛子、黒コショウ、ラー油の5種類。

店主は富士丸グループ総帥の吉田マスターと、マスターとたまに口論もする助手さんの二人体制。

着席時も助手さんの誘導に従います。

しばらくして吉田マスターから、ニンニクは入れますか?と声がかかり

自「ニンニクカラメで!」

国産ブタメン(1150円)生玉子(60円)
ニンニクカラメ

別角度

野菜コールはしませんでしたが、なかなかの盛り!
早速頂きます!!


先ずは豚からです。

豚はしょっぱい味つけの、古の二郎の豚で、醤油とニンニクがビンビンに効いて美味い!

大きさや枚数にはその都度違ってたりしますが、いつも満足出来るボリュームを頂いてるので、+300円と高めの値段設定ではありますが、お値段以上のまのを頂いてる気がしてます!

この日も厚切りのものがゴロゴロと、枚というより、個と数えた方がいいくらいでした。


豚と野菜を食べて天地返し。




麺は神谷本店の二階で打たれている、自家製平打ちちぢれ麺。
ザラザラとした麺肌に噛むとボソボソ感のある低加水麺は、癖のある食感です。
基本の麺の茹で時間は3分で、硬めの茹で上がり。
麺を茹で釜に投入する時に、ギューっと捻りを入れてます。

そのちぢれ具合が、ノドを通過する時にプルプルっボソという食感を生みます!

茹で前麺量は、基本の富士丸ラーメンが体感で350g程。

二郎系の中でも屈指の麺量を誇ります。


スープは豚の特殊な部位を使用した独特の香りのするスープで、そこにカネシ醤油がガツンの生姜が効いていて美味い!

アブラの含有量が高く、二郎系の中でも超コッテリです!

野菜は写真を撮り忘れましたが、鍋で茹でているクタ野菜で、キャベツは芯まで煮えていて甘く、モヤシは飲めるくらいの柔らかさ。
唐辛子をかけてもよし、スープに浸して食べるのもオツなものです。

全体的には硬い麺とアブラの強いスープでバランスはとれていました!
強烈な一杯!

ごちそうさまでした!!!



**************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時


**************
 



 

ラーメン二郎 品川店5

ラーメン二郎 品川店


本日は品川店です。


最寄りは北品川駅からです。




北品川駅の改札を出たら左へ

すぐにコインパーキングがありますので、踏み切り方向の左へ曲がります。


行った時刻は夕方のラッシュ時間でしたが、開かずの踏み切りとかではなく、割と普通の待ち時間で踏み切りは開きます。

まずは踏み切りを渡りましょう。


踏み切りを渡り直進。

この辺りは軽い下り坂を突き当たりまで行きます。


突き当たりを左に行くと、北品川商栄会。
人の通りはまばらで、小規模な商店街です。
一つ目の路地を右に曲がるので、右側を注目しながら進みます。


北品川商栄会から右に曲がると少し急な下り坂を下ると、左側にマルエツプチがあり右側に写真の石碑が立っています。

この側には割と大きめの交差点がありますが、車の通りも人の通りもまばら。

そのまま直進します。



そのまま直進すると右手に品川店が見えてきますが、途中左側に都パスの北品川車庫が見えます。


通り沿いには焼肉屋さん、その先にはファミリーマート、その中間くらいに、品川店は位置してます。

徒歩で10分前後くらい。


とある平日の日の18時50分前着。

待ちは5人でした。

品川店のローカルルールは特にありませんが、並んでるお客さんが3〜5人まで列が進んだタイミングで食券を買いに行かれていたので、自分もそのタイミングで列を離れて、買いに行きました。


メニューは小ラーメンが700円を基本に、大盛りが100円増し、豚増し100円、豚ダブルが200円増しと、安いなーと思える構成。

有料トッピングは、煮玉子100円、ネギ100円は、品川店独自のメニュー。



品川店は、客席背後が広くて、コートなどをかけられるフックがあります。

寒い季節にはありがたい設備です。


15分程待って着席。入り口側でした。


卓上調味料は、一味唐辛子、ブラックペッパーの2種類。
箸は割り箸、爪楊枝もあります。

店員は、田中邦衛さん似の店主と、左とん平さん似のいぶし銀コンビ。

昼は店主が抜けて違う人が居る時もあるそうですが、自分は会った事はありません。


お水は卓上にあるピッチャーから。
コップは高台にあります。

ピッチャーのお水が無くなったら、高台にピッチャーをあげると、店員さんのどちらかが交換してくれます。
声をかけなくても、割と早めに対応してくれます。

品川店では、二郎の他店には見られない2杯ロットで回してます。

10分程待って、左とん平さん似の助手さんから

助「どうぞ!」
自「全部で!」


小ダブル(900円)ネギ(100円)
全部(ニンニク野菜アブラカラメ)

別角度
 
盛りつけが変わったようで、表面に豚が露出してます!美味そ〜!!
早速頂きます!!!


一口スープを飲んで野菜から頂きます。
野菜はシャキよりの茹で加減、スープが濃くてしょっぱい時などは、スープに沈めて中和を狙う時もありますが、普通に飲めるので、黒コショウと一味唐辛子をかけて頂きました。

品川店ではアブラコールすると、固形アブラを載っけてもらえるので、いつもアブラをお願いしてます。

黒コショウをかけるとピリっと味が引き締まり禁断の味、美味い!!


豚は以前より大ぶりなカットの肩ロース、デカくなってもカエシがタップリ詰まった二郎の豚、豚の旨味とカエシの融合した豚は美味い!



豚と野菜を食べた後は、麺をほぐしつつ天地返し。


麺はやや細めの平打ちストレート、二郎王道の太さかな。
カンスイの香りが先ずはブワっと鼻腔をくすぐります。
麺肌はややザラっとしていて、食感はチョイボソな好みな食感。
茹で加減はチョイ硬めな感じが堪らない。


スープは固形アブラがやや多目の少し多目ながら、微乳化より。
チョイ甘めな感じが、少し前の品川店の味を思い出させる味。
醤油のキレもありましたが、前に使ってたキッコーマンが個人的には好きかな。
ネギの風味が好きなので、ネギは必須な有料トッピングになりそうです。


麺を食べ終える頃合いから、下からザクザクとネギがわいてきます。

麺が変わらず強いものの、今回のスープはいい感じだったので、当たりかな。

ごちそうさまでした!!!


******************
ラーメン二郎 品川店
東京都品川区北品川1-18-15
定休日 日曜 祝日
月〜金
昼の部 11時〜14時30分
夜の部 17時〜21時
11時〜14時
メルマガ : mag20001676490
(まぐまぐ!でラーメン二郎品川店で検索)





ラーメン二郎 川越店5

ラーメン二郎 川越店

本日は川越店です。

最寄りはJR・川越駅/東武東上線・川越駅です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

JRと東武東上線の川越駅は、改札口が同じ通路に面した隣にあり、どちらからの改札口を出ても左に行きます。

駅前広場は二階部分にあり、外に出ると写真のモニュメントが見えますので、右手に出ます。


すると直ぐに下に降りる階段があるので、地上に降ります。


ここからは、しばらく左手に大きな道路を見ながら進みます。



しばらく行くと道路越しにウエスタ川越が左手に見えてきます。

ウエスタ川越は地域のイベントホールを備える複合施設で、いくつかの会社と飲食店等の入る施設です。


少し歩くと大きな交差点にあたります。
旭町一丁目交差点を渡る辺りで、お店が右手に見えてきます。角から3軒目くらい。


13時45分頃着、外待ちなし。

混雑時にはパイロンが綺麗に並べられて、多くの人が敷地内に並べるようにするのでしょうね。


メニューは開店時同様の種類と価格。

横浜関内店出身の店主さんですから、その内に汁なしとかもやるのかな?

過去の新店舗の際には、1年前後に新しいメニューが加わる感じですが、どうなんでしょうね。

ラーメン店には珍しい、両替機が券売機の横に併設されてます。


開店時にはなかった中待ちを経て、10分ちょっとくらいで着席。

14時過ぎに裏にいた若い男性助手さんが出てきて、ドアの掛け札を裏返しにして閉店となりました。



卓上調味料は、黒胡椒、卓上醤油、一味唐辛子の3種類の、最近の二郎ではスタンダードなラインナップ。

店員は、横浜関内店出身の店主と助手には若い女性助手さん、裏方には若い男性助手さんの3人。

裏方の助手さんは、麺打ちをされてるようでした。

最終ロットには、常連な方もいらっしゃって和やかな雰囲気。

女性助手さんから「ニンニクは入れますか?」と声がかかり

自「ニンニクアブラカラメで!」

小豚ラーメン(850円)
ニンニクアブラカラメ

別角度

とても綺麗な盛り付けです!
早速頂きます!


先ずは野菜とアブラから頂きます。

野菜は芯を残した茹で上がり。
個人的に二郎標準がこれくらいの茹で加減だと思います。

10年程前の二郎は、どこのお店でもしょっぱくて、天地返しをして野菜を底に沈めて薄める作戦をしてましたが、最近はそれをやる事もなく食べれるのは、ありがたい事。


豚は同じ断面のものが5枚くらい。

出身店の関内と同じく、巻きバラを使用しています。

外側はカエシの味がしっかりついていて、少ししょっぱ目。
脂身は柔らかく、ふわっとした脂身独特の甘さ。
赤身部分は、肉々しい食感で食べ応えあり。


ニンニクは、豚と一緒に食べるのが自分流。
薬味として使えるし、スープの味のバランスを壊さないですみます。


野菜と豚を食べて天地返し。


麺は太めで厚みのある平打ちストレート、麺の密度は関内よりは高くなく、食べやすい印象。
麺肌はツルツルしていて、食感はうどんのよう。
スープの持ち上げもよく、美味い!


スープは豚骨がよく出ている豚出汁がしっかり出ている。
黄色い見た目で、脂もよく回ってアブラ甘い。

個人的にはもう少し醤油が効いた方が好きかな〜。


全体的には、やや麺が強い印象で、スープはアブラが強く、インパクトはないけど、優しい二郎という印象でした。

ごちそうさまでした!!!

*ラーメンのみの撮影に気が付かず、ラーメン以外の写真は削除しました。お詫びと訂正をさせて頂きます。
申し訳ありませんでした。

******************
ラーメン二郎 川越店
埼玉県川越市旭町1丁目4-15
定休日 月曜 木曜
昼の部 11時〜14時
夜の部 18時〜21時


ラーメン二郎 松戸駅前店5

ラーメン二郎 松戸駅前店

本日は松戸駅前店です。





最寄りはJR松戸駅です。

道順はお手数ですが、前ブログのこちらをご覧ください。


とある日曜日の昼頃に松戸へ。


13時10分過ぎに到着すると、助手さんの閉店に向けてのカウントダウンが始まってました。
外待ち16に接続すると、前のお客さんから、あなたで終了なので後から来たお客さんに伝えて下さいとの事を聞き、宣告人となりました。

宣告人とは、麺切れ終了等を伝える最後のお客さんです。

宣告人になってメリットなどはありません。

松戸駅前店は、早めに行った方が良さそうです。


45分程待って着席。

15人くらいは宣告したかな。

14時過ぎて来店する方は、助手さんが断ってました。

店員はメガネをかけた店主と、若い助手さん。

程なく、助手さんから
助「ニンニクは入れますか?」
自「ニンニク少しカラメで!!」

大ラーメン(800円)
ニンニク少しカラメ

別角度

見た目が三田本店を思わせる外観です!

早速頂きます!!


先ずは野菜に一味唐辛子をかけていただきます。
野菜は細めのモヤシをしんなりと茹で上がっていて、キャベツも柔らかい茹で上がり。
一味唐辛子は辛いタイプのもの。

自分が食べ始めた頃、旧鶴見店、旧武蔵小杉店、旧高田馬場店は、辛味の少ないタイプの唐辛子で、唐辛子にスープをかけると旨味と甘味が引き出されて美味かったですが、現在の二郎直系では辛味の強いタイプが主流になってしまったのは残念です。


豚はしっとりタイプの柔らかいもの。
しっかりとカエシとニンニクの効いていて、噛むとトロリとした豚肉の甘さが美味しい豚です!美味い!!


野菜と豚を大体食べたら天地返しをしました。



麺は細めの平打ちストレート、見た目は三田本店に似てる印象です。
比較的、柔らかめの茹で上がりで、麺肌はツルツルで、しっかりとしたボディに芯のほとんどない茹で加減。

店主は一時期三田本店でよく麺を打ってたのを思い出してました。



スープは脂身のプカプカ浮いてるヘビーなもの。
豚骨の強い濃厚な感じですが、醤油のキレはあまりないかな。
豚の甘味がふんわりと味わえる、そんなスープです。


全体的には、バランスのいい1杯ですが、個人的にはもう少し醤油がガツンと効いた方が好みかな。

手間のかかっている1杯に感謝!!



閉店後もハードに動き続けている、店主に感謝しつつ退店。

ごちそうさまでした!!!!



******************
ラーメン二郎 松戸駅前店 
千葉県松戸市本町17-9 
定休日 月曜日
火〜金
11時〜14時
18時〜21時
土日
11時〜14時
17時〜20時
Twitter : @matsudojiro3

 
 
******************

ラーメン二郎 千住大橋駅前店5

ラーメン二郎 千住大橋駅前店


本日は千住大橋駅前店です。


最寄りは京成線・千住大橋駅です。




千住大橋駅前店は、駅から最も近い二郎店で、駅の構内を出るとすぐにあるお店で、改札口からでも徒歩数秒。
1つしかない改札口を出て、左に行くと駅の隣にあります。




とある祭日の12時40分着、待ち15人でした。


こちらは以前、食券の先買いをお店からアナウンスされてましたが、最近は呼びかけがないようです。

自分はクセなので、食券を先に買ってから並びました。

メニューは、ラーメンや豚入り、大盛り等の他に有料トッピングメニューの生たまごと辛味。


最近はあちらこちらで、アルバイト募集を見かけます。
意欲のある方は是非。


麺カタメを対応してないお店も増えました。
自分は基本的にカタメが苦手な方なのでお願いしません。1番こちらのラーメンを食べてるのは、お店の方だと思うので、大体はデフォで頂いてます。


30分程で着席。
並んでる途中で食券の確認がありました。
その際に貼り紙で書かれていた、「アブラ少なめ」でお願いしました。


卓上調味料は、白コショウと一味唐辛子。

店員は物静かな以前リリーと呼ばれていた店主と、男性助手さん。

ロット間は普通くらい、食べるのが遅い自分にはありがたいです。

着席順にトッピングコールが始まり

店主「ニンニクは入れますか?」
自分「ニンニク野菜少なめカラメラー油でお願いします。」
店主「ニンニクも少なめで?」
自分「はい!」

小豚ダブル(950円)生たまご(50円)生たまご(50円)
ニンニク少なめ野菜少なめカラメラー油

別角度

ラー油の色が良く映えます!
味玉ありがとうございますm(_ _)m
では早速頂きます!


先ずは野菜からです。

野菜はシャキよりの歯ごたえの茹で加減、野菜を茹で始めるタイミングと、引き揚げるタイミングは、店主の動きと連動していて、そつのない動き。


野菜のおかずには豚です。


豚はしっとり感のある、柔らかい肉質で旨みが十分に残っており口の中で溶けるやつ、美味い!!!
ラー油は、それほどピリ辛ではなく、アクセントになるくらいの辛さの度合いで、辛いのが苦手な自分でも、美味しく頂けます!
加えて自家製ラー油は、旨味たっぷりで美味しい!


少しシャキよりな野菜を下に沈めて柔らかくする作戦に変更し、天地返しをするとともに、下に固まった麺をほぐしていきます。


麺は細めの平打ちストレート、開店当初から柔らかめの茹で加減は変わらないですが、気持ちこの日は硬め(一般的二郎では柔らかめ)でした。
ビヨーンと伸びる腰のあるのも特徴的です。


熱々な麺なので、中盤から生たまごを投入。
猫舌な自分にはありがたいアイテム。
もちろん味変の効果や、麺を滑らかにすする狙いもあります。


最後の方にもう一個の生たまごを投入して玉子スープに。

スープは、以前のしょっぱさは影を潜め、円やかな味に変化しました。

全体的には、麺がやや弱めではありますが、ラー油のアクセントが効いていて、自分的には好みなものに。

豚も美味くて大満足!!

ごちそうさまでした!!!!

***************** 
ラーメン二郎 千住大橋駅前店
東京都足立区千住橋戸町10-8
定休日 日曜日 木曜日
昼の部 11時〜15時
夜の部 18時〜21時
土曜日 
11時〜15時
Twitter :@senjujiro26
 
*****************
 

ギャラリー
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店