ラーメン富士丸 西新井大師店

ラーメン富士丸 西新井大師店5

ラーメン二郎 西新井大師店

本日は富士丸@西新井大師です。

(写真は前回のもの)

最寄りは東武大師線、大師前です。




この日は土曜日の開店直後の訪問。

空席有りですぐに着席出来ました。

初めて見る若い男性助手さんがキビキビと動いておられるのが印象的でした。

将来、有望ですねー。



食べ終わった時に裏口に貼られていた貼り紙を掲載しときます。


卓上調味料はすり胡麻、一味唐辛子、卓上醤油、ラー油、胡椒の5種類。

店員はマサ君店長と新人の若い男性助手さん。

いつもの可愛い女性助手さんは不在でした。

しばし待ってマサ君店長から、「ニンニクは入れますか?」と声がかかり

自「ニンニクカラメ」とコール

豚(1150円)生たまご(60円)
ニンニクカラメ

別角度

生たまご

久々に豚入りにしてみました!

豚が美味しそうです!

早速頂きます!


先ずは豚から頂きます。

豚は脂身もついてる好みなタイプで、しっとりとした肉質、カエシの染み込みが軽く入っていて、マイルドな口当たり。

少しパンチが欲しかったので、ニンニクを載せて食べると至福な味に、美味い!!


野菜はよく煮込まれたクタクタ野菜で、キャベツは完全に透き通り、ロールキャベツのような味わい。
モヤシは麺と一緒に食べても気にならないくらいの歯応えで、飲める野菜です!



豚と野菜を大体食べ終えて、ほぐしながら天地を返していきます。


麺は富士丸製麺(神谷本店の2F)の平打ちちぢれ麺。
この日の茹で上がりは硬めで、ボキボキな食感。
ワシワシとした食感な低下水麺は舌触りはボソボソです。
小麦粉の塊をかじったような食感だったので、個人的にはもう少し茹でて欲しいところ。



スープは、非乳化よりで醤油の主張もあるタイプですが、アブラ分もタップリ内包された富士丸のスープ。
ニンニクが多めだった為(普通のニンニクコール)、ニンニク辛く、個人的には終盤キツくなってしまいました。

次回はニンニク少なめで、お願いしようと思います。

ごちそうさまでした!!!


******************
ラーメン富士丸 西新井大師店
東京都足立区西新井1-7-7
定休日 毎週月曜
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
人気ブログランキングへ  


ラーメン富士丸 西新井大師店5

本日は富士丸@西新井大師です。
 


最寄りは東武大師線、大師前駅です。



 




東武大師線は、西新井駅←→大師前駅を一駅のみ繋ぐ、三両編成の単線です。
西新井駅と大師前駅の間には、駅は一つもなく、レールは二本のみです。

大師前にある、西新井大師に参拝する方はもちろん、地元の方々にも愛されてる路線です。

地元の方の話を聞くと、同じ車両がずっと行ったり来たりしてるので、行ったり来たり電車とも呼ばれているようです。




大師前駅を降りて、近くにある大通りに出て右に曲がり道路沿いに歩くと程なく着きます。
大師前駅から徒歩2分くらい。

21時過ぎに到着、お店前のベンチを見ると、8人待ち。

 


こちらでは、食券を先に買ってから並びます。

外待ち中に食券を回収に、助手さんが出向いていらっしゃるので、必ず食券を先に買ってから並びましょう。

食券を回収にいらっしゃったら、
助手さん「麺の大きさはどうしますか?」と聞かれるので、麺の量を伝えます。
→ 半分<少なめ<普通<チョイマシ<大盛り(チョイマシ以上は現金170円をこの時に渡します)

※普通でも一般的なラーメン屋さんの2倍くらいあります。

この時に、麺の硬さ、アブラ少なめ、味薄め希望の方は同時に伝えます。(トッピングは麺の茹で上がり時に聞かれます)

基本、入り口は大通り側、出口は商店街側からになります。

外待ちも大通り側です。

外並び途中で、助手さんが出向いてきて、食券回収がありました。

自分は、普通でとお願いしました。


10分程で着席。

店員は、マサ君店主とさえちゃんの二人体制。

お水とコップは商店街側の出口右横から。

おしぼりは、カウンターの客席側通路の中央あたりから、セルフサービスです。




卓上調味料は、すりゴマ、卓上醤油、一味唐辛子、白胡椒、黒胡椒の5種類。

座る場所により、手の届かないものも。

しばらくして、マサ店長から、ニンニクは入れますか?と声がかかり

自「ニンニクアブラでお願いします。」

ラーメン(850円)生たまご(60円)
ニンニクアブラ

別角度



















生玉子

別皿アブラ

生玉子は殻つきで提供されますが、割るのに失敗。。。。

野菜の盛り付けが美しいです!

早速頂きます!!


先ずは野菜から頂きます。

野菜はクタクタ野菜までいかない、柔らかめに茹でられています。
野菜コールするとかなりの量が載ります。
個人的には、この野菜に唐辛子をかけて食べるのが好きです!


豚は、赤ちゃんのコブシくらいのが一つと、小さ目のほぐれた赤身の物が少し。

肉質はトロリとした食感で柔らかく、醤油色に染まっていて味つけは濃い目です!
豚マシにして、豚をかじりながら麺を食べたくなる味です!
当たりハズレで言えば、当然大当たり!


豚と野菜を大体食べたら、麺をほぐしていきます。


麺は富士丸製麺所製(神谷本店の2階)の平打ち、ちぢれ麺。
茹で加減はやや硬めで、個人的には程よい硬さ。
富士丸三店の中で、個人的には一番好きな茹で加減、柔らか目にしなくて良かった。

麺肌はツルリとした感じで優しい食感、噛み締めるとボソボソ感のある低下水麺。

個人的には、硬めや柔らか目より最適な茹で加減が好きな事に気がつきました。


終盤は別皿アブラに生たまごとニンニク、黒胡椒、ラー油を加えて、セルフ汁なしに。


スープはこの日、非乳化〜微乳化より。
醤油のキレもあり、夏の暑い時には醤油キリリが好き。

全体的に西新井大師店は、富士丸の中でもライトな印象ではありますが、麺の茹で加減、豚の出来、スープの美味さは個人的好みで、比較的に二郎よりな味でした。

大変満足!!

ごちそうさまでした!!!!!

******************
ラーメン富士丸 西新井大師店
東京都足立区西新井1-7-7
定休日 毎週月曜
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 




ラーメン富士丸 西新井大師店

ラーメン富士丸 西新井大師店


本日は、富士丸・西新井大師店です。



最寄りは東武大師線・大師前駅ですが、
東武スカイツリーライン・西新井駅から行きました。

 





19時過ぎに到着すると、外待ちは15人程。
最近は少し並びが増えてるのは、人気の証かな。
しかし回転が早い方の西新井大師店ですから、割と早めに着席出来ます。

※西新井大師店では、食券を買ってから並ぶのがローカルルールです。

※外待ち〜中待ちの時に助手さんから食券の回収がありますので、その時に「麺の量はどうしますか?」と問いかけがあります。

その時に、麺の少なめ・半分・茹で加減・味薄め・アブラ少なめの要望がある時は、この時に伝えます。

何も要望がない場合は「普通で」

無料トッピングの「ニンニク野菜アブラカラメ」は着席して、麺の茹で上がり時に「ニンニク入れますか?」で聞かれます。

※店内待ち〜着席する時は助手さんの誘導に従いましょう。


15分程で着席。

店内はカウンターのみの12席。

店員はマサ君店長と、さえちゃん助手の2人体制。
明るいお二人の人柄からか、店内の雰囲気は穏やかな感じ。和みます。
おしぼりは、さえちゃんが用意してくれます。

お水は店奥の裏口あたりからセルフで。


卓上調味料は、白胡麻・コショウ(白黒混合)・一味唐辛子・卓上醤油、ラー油の5種類。

基本は6杯分で1ロット(1回の調理数)です。

1ロットは大体10分ちょっと回転は、富士丸の中では良い方。

着席して程なくマサ店長から「ニンニクは入れますか?」と声がかかり

自「ニンニクアブラ」と返答

豚(1150円)大盛り(170円)生たまご(60円) 麺柔らかめ
ニンニクアブラ(0円)


大盛り+豚(二郎でいう大豚)

ニンニク+アブラ

ニンニクたっぷり!アブラ別盛りありがとうございます!

では早速頂きます!!



先ずは豚からです。

豚は大好きな脂身がついていて、個人的には当たり!!
分厚くカットされた肉質は柔らかく、味つけも富士丸のしょっぱさがあり、個人的には、神谷の豚より好き


野菜は少量でしたが、キャベツは透き通るくらいに茹であがっており、ロールキャベツのように甘く、スープに浸しておいて食べると、キャベツが吸い込んだスープがジューっと染み出してきて美味い!
甘く感じる人は、一味唐辛子で食べても美味しいです!

モヤシは麺よりも柔らかく、食べるのに苦にならない。
もちろん箸休めとしても最適♬


豚と野菜を食べ終えて天地返し。



麺の茹で加減を柔らかめでお願いしました。
麺は、加水率の低い平打ち縮れ。
神谷本店と同じようにぎゅーっと手で揉み込んでから茹でています。
そうする事により、様々な食感を楽しむ事が出来ます。

麺肌はツルツルで、噛み締めるとモチモチしています。

ちなみにデフォだと加水率の低いボソボソな食感が楽しめます。




今回のスープは、豚出汁がたっぷり出ていてアブラもよく回った重厚なスープ。
カネシ醤油のキレもあり、美味しかった。

柔らか目にすると、ややスープが薄くなりがちですが、もともと凶暴的に濃いスープなので中和される感じでバランスが取れていた。

 
最後は背脂をレンゲで掬いサルベージ。

ごちそうさまでした!!!

******************
ラーメン富士丸 西新井大師店
東京都足立区西新井1-7-7
定休日 毎週月曜
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ラーメン富士丸 西新井大師店

ラーメン富士丸 西新井大師店

5月4日訪問。
本日は富士丸@西新井大師店です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
最寄りは東武大師線、大師駅。



開店前に並ぶと外待ちは17程。
最近は少し混んではきましたが、
まぁこれくらいなら許容範囲。

開店したら前から順番に入店しつつ食券を買いに行きます。

自分は3rdロットあたりの外待ちギリギリあたり。

開店中は先に食券を購入してから、外待ちの行列に並びます。

しばらくすると食券を回収しに助手さんがいらっしゃるので、
その際に「麺の量はどうしますか?」と聞かれるので、要望により以下の4点を申告します。

・麺の量
・麺の硬さ
・味薄め
・アブラ少なめ

*要望ない場合は「普通で!」と申告。

例: 麺少なめ → 麺少なめで!
     麺少なめ硬め→麺少なめ硬め
     麺少なめ・味普通・アブラ普通→麺少なめで!

自分は今回、少しだけ多めのちょいマシの柔らかめでお願いしました。


20分弱程で店内待ちから、程なく着席。

以前はセルフでおしぼりを取ってきましたが、最近は助手のさえちゃんが配ってくれます。
お水は1番奥の裏口のドア付近にあります。


卓上調味料は、奥から卓上醤油、すりゴマ、一味唐辛子、ラー油、黒胡椒、白い容器は爪楊枝。

店員はマサ店長と助手のさえちゃん。
開店してすぐ位は常連さんも多く、和気あいあいな雰囲気で和みます。

しばらくしてマサ店長からニンニクは入れますか?と声がかかり

小ラーメン(850円)ちょいマシ(170円)生たまご(60円)
ニンニク

麺丼

別丼

生たまご

少しちょいマシなのに別丼提供ありがとうございますm(_ _)m

では早速頂きます!



いつも通り野菜からです。
野菜は富士丸名物のクタクタな茹で上がり。
モヤシは芯もなく透き通っている程の茹で加減は、富士丸3店でも1番クタクタです。
厨房を見ていると、鍋で茹で上がった後もボウルに移してフタをして更に蒸してるので、この柔らかさになるんだと思います。

キャベツはいつも通り甘くて、ロールキャベツよりもっと柔らかい印象。


豚は箸で持ち上げると崩れる程の柔らかさ。
カエシの入りも良く、ややしょっぱ目の味つけ。
豚の旨味も残っており当たり!!

次回は普通盛りの豚+野菜コールにしようか悩みどころ。



麺は柔らかめでお願いしました。
麺はツルツルとした麺肌の平打ちちぢれ麺。
加水率は低いものの麺内の水分量は多いので、あまりボソボソしてなくて食べやすい。
麺量は茹で前450gくらいで自分には最適量でありがたい。


後半は別で頂いたお椀に入ったアブラに、生玉子を投入してアブラつけ麺状態で頂きました。

猫舌なので麺を別丼に移して冷ましながら食べたり、アブラつけ麺にして食べると凄く食べやすかったです!

全体的には富士丸なのでアブラは強目ではありますが、醤油のキレも適度にあり
バランスの良い一杯でした!


ごちそうさまでした!!!


******************
ラーメン富士丸 西新井大師店
東京都足立区西新井1-7-7
定休日 毎週月曜
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメン富士丸 西新井大師店

ラーメン富士丸 西新井大師店

******************
ラーメン富士丸 西新井大師店
東京都足立区西新井1-7-7
定休日 毎週月曜
18時〜24時
******************





最寄り駅は東武大師線・西新井大師西駅ですが、この日は東武スカイツリーライン・西新井駅西口から行きました。


人気ブログランキングへ


4/22(土)19時25分着、到着すると外待ち4名でした。

こちらでは食券を先に買ってから並びます。

土砂降りの雨でしたが、見る見るうちに列は延びて15人待ちに。

タイミングは良かったようです。

19時40分過ぎに着席。



卓上調味料はバラバラになってましたが、
ラー油、白すりごま、一味唐辛子、ブラックペッパー、卓上醤油の5種類。

店員はマサ店長と、さえちゃん助手。

最近は野菜の調理や盛りつけを、さえちゃんが行う事もあるようです。

#メニュー#
ラーメン 850円
豚 1150円
生たまご 60円
ゆでたまご 80円

******************
無料トッピング
ニンニク(多め・少なめ)
野菜(多め・少なめ)
アブラ(多め・少なめ#少なめは食券渡し時)
カラメ(カラメ・薄め#薄めは食券渡し時)

麺少なめ・半分(食券渡し時)
******************

着席から5〜6分程で マサ君店長から

ニンニクは入れますか?と声がかかり

ニンニクアブラと返答

ラーメン・柔らかめ(850円) 生たまご(60円)
ニンニクアブラ(無料)

別角度

生たまご

別皿アブラ

デフォルトの盛りつけが見たくて大人しい盛りです。

早速頂きます!!



ノーコールだと野菜は、ほんの少し。

クタクタな茹で加減で、茹でる汁には麺の茹で汁が使われているようでした。

自分のロットはマサ店長が盛りつけしてくれましたが、さえちゃんが盛りつけしてくれる事もあるようです。


豚はこの日はハズレの硬い部分ながら、
味付けは塩っぱくて好みな味付けです。
ブタをかじりながら麺を食べるのも好きな食べ方。


早々にブタと野菜は食べ終えて麺をほぐしにかかります。



麺は富士丸@神谷本店の2階で打たれている、富士丸製麺の平打ち縮れ。

茹で加減を柔らかめでお願いすると、ボソボソ感が低減されて、ツルツルの麺肌にプリッとした食感。

硬めやデフォルトの茹で加減だと、食べた時にバラバラになるイメージですが、しっかりと麺の風味が味わえます。


終盤は別皿アブラに生たまごを投入してセルフアブラそばに。

こちらのお店はカエシが多めに入ってるので、もたれにくい。


スープは豚出汁がたっぷりでいて、アブラが強過ぎないバランス型。
カエシがキリっと効いていて好みな味。


全体的に量はそれほどでもなかったですが、デフォルトの味を十分に堪能できつつ、麺とスープのバランスがとても良く、富士丸を食べ慣れてない人でも十分に堪能出来るいいお味でした。

次回からは野菜や豚をたっぷり堪能したいです。

ごちそうさまでした!!!




人気ブログランキングへ

ギャラリー
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店