ラーメン富士丸 神谷本店

ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄りは東京メトロ・南北線、志茂駅です。



志茂駅の改札口は地下にあるので、1つしかない改札口を出て左に行き、1番出口から地上に出ます。


地上に出たら、TOYOTAの販売店が見えたら正解。


右手方向に進みます。

お店は志茂駅前を通る北本通り沿いにありますので、徒歩10〜15分程で到着します。




到着時はベンチ超えの待ち25ほど。

訪問したのは土曜日なので、いつもながら混んでいます。


1時間半程並んで、助手さんの誘導に従い着席。

中待ちの時に食券と現金200円を渡し、烏龍茶をお願いしました。


コップとお水とおしぼり、レンゲは小上がり横の店内奥からセルフで。

店内に入店する時、着席する時は、助手さんの指示が出てから動くのが、富士丸のルール。

また食べ終わった丼等は、必ずそのままにします。
片付けは助手さんが行うのが、神谷のローカルルールです。

しばし待ってから吉田さんから

吉田さん「ニンニクは入れますか?」
自分「ニンニク少なめで」

富士丸ラーメン(850円)
ニンニク少なめ

別角度

今回はコンディションが良くなかったので、デフォで。

早速頂きます!

野菜コールしなかったので、豚からいきます。


豚は柔らかめの煮あがりの腕肉で、カエシの染み込みが完璧で、麺のオカズに最適です!


麺をほぐしながら天地返しです。


麺は硬めの平打ちちぢれ麺。
ゴワゴワとした食感で、ボソボソした低加水麺は、富士丸ならでは。
この日は少なめにブレたかな〜

スープは黄色っぽい見た目のアブラと豚出汁の強いスープ。
多分、脂分の多い部位を使ってるんだと思いますが、背脂由来じゃないのは確かかな。
ふんわりした甘さが特徴のスープは、自分の中では謎のまま。


内容が軽かったので、さらっと完食!

ごちそうさまでした!!

**************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時


*************
 



 

ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄りは東京メトロ南北線・志茂駅です。




土曜日の17時40分着、待ち18に接続。
神谷本店は、平均して20分程遅れて開店しますが、18時20分過ぎの時点で40人程並んでいた模様。

40分程並んで店内へ。



中待ちで食券回収と現金200円を出して、ジョッキ烏龍茶お願いしますと助手さんに伝えた後に、カウンターに案内されて着席。

お水とおしぼりは、店内通路奥の右手からセルフで持ってきます。


ジョッキ烏龍茶が先着。

なみなみと注がれているので、少しづつ飲む事にしてます。

店員は、吉田マスターといつもの助手さん。

たまに口喧嘩もしてますが、基本的に仲は良いようです。


卓上調味料は、手前から一味唐辛子、ラー油、すりゴマ、ブラックペッパー、卓上醤油。

昔読んだブログで卓上調味料は、アレンジして食べると、また美味さが広がるとの事でした。

最近の自分の好みは、ブラックペッパーで、アブラの強い富士丸はよく合うと思います。

さて久しぶりに柔らか目でお願いしなかったので、少しドキドキしながら、吉田さんから視線が飛んできて

吉田マスター「ニンニクは入れますか?」

自「ニンニク野菜カラメで!」とコール


富士丸ラーメン(850円)生たまご(60円)ゆでたまご(100円)
ニンニク野菜アブラ(無料トッピング)

別角度

別皿アブラと生たまごとゆでたまご

国産ブタメンじゃないので立派な盛りです!
早速頂きます!


先ずは野菜からです。

富士丸の野菜は鍋で茹でていて、鍋に入れたての時には、鍋蓋が閉まらない程。
茹でてる段階で、蓋が閉まっていきます。

しっかり茹でられたモヤシは柔らかく、キャベツは甘い。

野菜コールすると、盛れるだけ盛ってくれます。


豚を引っ張りだして、野菜のオカズにします。

豚は富士丸ラーメンだと2〜3枚くらいで、この日の豚は脂身が多目の好みなタイプ。

赤身はしっとりとしていて、カエシの入りがよく硬さは感じられない絶妙な茹で加減です!

やっぱり国産ブタメンがいいなぁ。。。



豚と野菜をあらかた食べたら天地返し。

こ、これは


麺は黄色っぽい見た目の平打ち縮れ麺。
この日の麺肌はツルツルぷるんとした出来上がり。
加水率は低くボソボソとした食感で、ワシワシとしたのどごし。
この独特な食感は富士丸ならでは。


スープは、この日訪れた時間帯が早めなからか、非乳化よりですが、アブラの含有量が多いのは変わらず。
生姜の効きもイマイチだったかな。

全体的にはやや麺が強めでしたが、概ね美味い一杯でした!

ごちそうさまでした!!!!

****************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ  
 



 










ラーメン富士丸 神谷本店

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄り駅は東京メトロ南北線・志茂駅です。


志茂駅の一つしかない改札口を出て左、先ずは地上に出る為に1番出口を目指します。


エスカレーターや階段で地上に出ると、赤羽体育館への看板。
この矢印方向に行きますが、お店は北本道路の道沿いにあるので、そのまま道沿いに進みます、徒歩10〜15分程。


1時間程待って着席。
到着時には待ち25でした。
同行者と一緒に小上がりへ。

途中、中待ちの際に、助手さんの食券回収がありました。
麺柔らか目と、神谷本店のみ発売されている、ジョッキ烏龍茶を現金200円を食券とともに渡しました。


卓上にもすりゴマ、ラー油、黒コショウ、卓上醤油、写真には映ってませんが、一味唐辛子が配置。

一味唐辛子は以前のものより、すごく辛いタイプなので、辛いものが苦手な方は、振り過ぎにご注意を。


先ずはジョッキ烏龍茶が到着。
グラスが凍っていてキンキンに冷えてます。
夏場にはいいアイテムです。

今回の店員も吉田マスターと助手さん。
かれこれ7〜8年くらいのこのコンビ。
たまに口喧嘩もしてますが、喧嘩する程に仲がいいのかな?

着席してる最中に、ニンニクは入れますか?と聞かれて、ニンニク野菜アブラと返答。
あ、野菜って言ってしまった

それから5分程で着丼。

国産ブタメン・柔らか目(1150円) 生たまご(60円)
ニンニク野菜アブラ

前回とは違い1丼でホッとしましたが、これは大盛り用の丼
柔らか目だと、増えて小丼に入らないとの事を聞いた事がありますが…
早速頂きます!



先ずは野菜からです。
この日はやや硬めの茹で上がり。
とは言っても、他の二郎系よりは全然柔らかい。
芯がやや多めに残ってる程度。
量は何時もより少な目かな。


豚が見えてきたので広げてみます。


豚は大判厚切りのヘビー級クラスなもの。
たまにパサパサなのもありますが、それはご愛嬌。
基本的にはシットリ感のある、ニンニクと醤油の効いた、しょっぱい豚は、麺や野菜のお供に。


少しだけ野菜と豚を残して天地返し。

うーむ、元の見た目より多くなったような



麺は神谷本店の二階で打たれている平打ちちぢれ麺。
柔らか目でお願いすると、丼の下の方に溜まった感じになります。
後から後から湧いてくる感じ、久々な感覚です。。。
麺肌はモチモチ、すすりあげるとトゥルンとした滑らかなのどごし。
食べやすいけど、水分を吸う事でかなり増えるな〜


下から出てきた一切れの豚が入らず、今回もプチゲキチンm(__)m

ごちそうさまでした!!!


****************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ 


 













ラーメン富士丸 神谷本店

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄りは、東京メトロ南北線、志茂駅です。


地下駅の志茂駅改札を出て左へ

エスカレーターや階段などを使い、地上へ出ます。

地上に出て正面には北本通り。

写真は地上に出て右を向いたところ

この先の右側に富士丸@神谷は居を構えています。


到着すると、待ち19のベンチ越え。

回転率は二郎に遠く及ばないですが、その代わりに、2ロット以内の完食を目指すような慣習もなく、マイペースで食べれるのが富士丸@神谷の良いところであり、悪いところなのかな。

ただ早食いを意識しないと、満腹中枢やアブラにヤられるので、早食いを意識するのは変わらず。



食券は店内の入店時です。
外待ち2〜3人のところで買う人も。

ただし入店→中待ちの際には、助手さんの指示で動きます。

中待ち→カウンターor小上がりに着席する時も、助手さんの指示で動きます。


カウンターに着席。
中待ち中に、助手さんの食券回収があり、麺柔らか目でお願いしました。

店員は、吉田マスターと助手さんの二人体制。


カウンター6席、小上がり3卓の構成。

卓上調味料は奥から卓上醤油、黒胡椒、一味唐辛子、すりゴマ、ラー油の5種類。

お水とおしぼり(1個のみ使用可)は店内通路の奥から。

しばらくしてロット最後で、吉田さんから、「ニンニクは入れますか?」と声がかかり、

自「ニンニク・野菜・アブラで」と返答

国産ブタメン(1150円)生たまご(60円)
ニンニク野菜アブラ(0円)
麺柔らか目(0円)

麺丼

別丼

生たまご

別皿アブラは撮り忘れ

国産ブタメンの柔らか目で、野菜コールすると別丼になる事があるという話を聞いた事がありますが……。

食べやすい感じなので、ありがたく頂きます!!


先ずは豚から頂きます。

豚はカエシとニンニクの効いた、しょっぱくて味つけが濃い。
繊維質が多く、やや食べるのに苦労はしますが、野菜と一緒に食べたり、麺と一緒に食べるとちょうどいい塩梅に。

今回は別丼だったので数えてみたところ、8枚程入っていました。



野菜は別丼だからか、豚の下にぎっしり
富士丸では鍋茹で野菜なのでクタクタな茹で具合。
野菜と豚だけで、お腹いっぱいに。



麺は平打ちちぢれ麺。
鍋に投入する時に、ぎゅーっとねじり込むようにちぢれさせています。
今回は柔らか目なので、麺肌は打ち粉が完全に落ちてツルツル。
舌先で感じるとプルンとした食感が楽しめる。

茹で時間は、硬めが1分、デフォが3分、柔らか目が4分くらい。(コウスケ調べ)



スープは生姜が効いていて豚の旨味とアブラの強い仕様のヘビーなもの。
やや醤油の効きが悪かったので、卓上醤油を加えたりしながら、アレンジするのも楽しい。


この日は豚や野菜が多目でかなり苦戦しながら食べました。

豚二枚は途中で諦めて、持ち帰りをお願いしましたが、
丼の中は欠片を拾いきれずにギブアップ

すいません、ごちそうさまでしたm(_ _)m

****************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ 


 






ラーメン富士丸 神谷本店

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄り駅は東京メトロ南北線・志茂駅です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


20時過ぎに到着、待ち22に接続。
今回は友人達と一緒です。

#店内に入店する時とカウンターや小上がり席(座敷)に着席する時は、助手さんの指示が出てから移動します。


***************
富士丸ラーメン 850円
国産ブタメン(豚増し) 1150円
大盛り 170円
生たまご 60円
ゆでたまご 80円
ビール(おつまみ付)400円
ジョッキ烏龍茶 200円
***************

21時前に店内待ちからの着席。
久しぶりの小上がり。
現金200円はジョッキ烏龍茶分です。

#助手さんが食券回収時に麺の茹で加減と味薄め・アブラ少なめの要望とジョッキ烏龍茶を頼む時は現金200円と共に伝えます。

以前より回転率は上がったと思います。


先着した生たまご。
器がステンレス製で綺麗です。
こちらのお店では、コップを始め全てステンレス製です。

小上がりに着席すると早めにトッピングを聞かれますので、お願いするトッピングは決めておきましょう。

メモを持って助手がやってきて、
「ニンニクは?」と聞かれたので、ニンニク野菜アブラと伝えました。

***************
トッピングコールは以下の通り
ニンニク(多め・少なめ・少し)
野菜(多め・少なめ)
カラメ
アブラ(多め・少し)

#マシ・マシマシは原則通じない模様
***************

国産ブタメン(1150円) 生たまご(60円)ジョッキ烏龍茶(現金200円)
ニンニク野菜アブラ

別角度

角度が取れなくて、別角度からの写真は無し。

小丼で限界盛り、ありがとうございますm(_ _)m

早速頂きます!!



先ずは野菜からです。
キャベツはロールキャベツのように甘く、茹でたてなので温かい。
モヤシは透き通るくらいのクタクタな茹で加減で、吸い込むとそのまま飲めちゃうくらいの柔らかさ。
キャベツからの甘味が乗り移り、堪らない美味さ!
甘過ぎるなという人は、一味唐辛子が個人的オススメ。


野菜のオカズには豚です。
豚はしっかりとカエシの入ったトロリとした舌触り。
マグロでいえば、マグロの醤油漬けのような食感。
もちろん肉々しいのもありますが、野菜のオカズにはぴったり。

豚と野菜は中盤までに食べるのがコウスケ流。


ほとんど野菜と豚を食べて天地返し。


麺は柔らか目でお願いしたのでツルツルな麺肌は、マカロニくらいの食感。
芯も少なく食べやすい。
ボソボソ感は低減されて、ボソボソ感が苦手な人にはオススメです。

しかし柔らか目にすると、丼の底から折り畳むように沈んでいるので、見た目以上に量はある。
途中で少し心が折れかけた。



スープはトロミを感じるくらいの豚出汁の濃厚さと、アブラの溶け込んだヘビーなもの。
アクセントに生姜の鮮烈な味が所々でやってくる。

柔らか目の時は、ややスープが薄く感じた時は、卓上の醤油を足して醤油のキレを演出する。


いつもならセルフアブラそばにして頂くところですが、全く余裕がなくて、生たまごとアブラは味変として使用してしまいました。

全体的にはいつもの暴力的な味よりは、マイルド感があって良かったけど、個人的には少し物足りないので、柔らか目と普通の茹で加減を交互に食べるのもアリかと思いました。

ごちそうさまでした!

******************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ギャラリー
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店