ラーメン二郎 三田本店

ラーメン二郎 三田本店(夜の部)1

ラーメン二郎 三田本店(夜の部)

本日は三田本店です。


最寄り駅のJR田町駅から行きました。


とある土曜日の日、あいにくの土砂降りの中、三田本店へ。

この日は会社から抜け出しての訪問です。

17時40分頃着、田町駅でした。


田町駅西口へ出て、エスカレーターを降りると正面のタクシー乗り場の右手から周り込みます。

少しですが屋根があるので、雨降りには悪くないです。

目の前にある大通りは、国道15号線。

今回も慶応仲通り商店会の中を歩いて行きます。


慶応仲通り商店会は、大学のお膝元という事もあり、呑み屋や飲食店の多い商店会ですが、自分がよく見かけるのは近隣の会社員の方々あたりかな。
スーツを着た男性が多い気がします。

この日は雨降りの土曜日という事もあり、人の通りはまばらでした。


慶応仲通り商店会を抜けると、三田四丁目交差点です。

写真正面の道路から横を通る右手に行く道路は、桜田通り。

国道1号線から分岐して、皇居の桜田門方面に続いていきます。


三田四丁目交差点から桜田通りを渡り、
左手に桜田通りを見ながら進みます。

その昔、都立大近くにあったお店の1回目の移転先は、この三田四丁目付近にあったと言います。

右手に見える樹々は、慶應大学三田キャンパスの一部。


途中、慶大正門前を通過。

2回目の移転前、三田四丁目交差点付近にあったお店は、都市計画の影響で、移転を余儀なくなったそうです。

その時創始者は、移転先が見つからず廃業も考えていたそうです。

お膝元の二郎好きの慶應大学生とOBの中では廃業話を知り、慶應大学三田キャンパスに誘致をしようという計画が持ち上がったそうです。

そして運良く現在の場所が空き地になり、慶應大OBの力添えもあり、現在の場所に2回目の移転となったようです。



慶大正門前を通過し、緩い下り坂を下ると横断歩道の先に三田本店があります。

大行列時には、横断歩道を渡らず帰る人のスポットがこの辺り。


この日は開店から少し経ち、大雨の影響からか待ちはないようですが、臨休か?と少し心配しながら行きました。

しかし裏口のドアが開いていたので、営業はされてるだろうと、少し胸をなでおろしました。


到着すると空席4だったので、即着席。

1番席でした。

トッピングコール時に、?番の方とか、突き当たり右の〜の方、ニンニクを入れますか?と聞くのが三田本店の伝統。

ちなみに客席側からか見て、右手の端から1番から始まり、左手奥の券売機側が13番となります。


カウンターには割り箸と卓上調味料は、白コショウ。

なぜ白コショウかというと、ラーメン二郎が創業当時は、ブラックペッパーは一般的ではなく、ラーメン当時いえば白コショウがお決まりでした。

店員は、創始者の息子さん、野猿と小金井で麺あげをされていた方がメイン助手、どこかでお見かけしたゴリラ顔の方の3人体制。


しばらくして麺あげが終わり、

メイン助手な方「大ダブルの方、ニンニクは入れますか?」と声がかかり

自分「ニンニクカラメで!」と返答


ぶたダブル入り大ラーメン・大ダブル(850円)
ニンニクカラメ(0円)

別角度

最近では一番の盛具合!
早速頂きます!!!


先ずは豚を引っ張りだして、豚から頂きます!


豚は大好きな脂身のタップリついた腕肉。

柔らかいもので脂身のついたものは、カエシの入りは浅くプレーンな豚の味を堪能出来る。

醤油色に染まった豚は、ニンニクと醤油のガツンと効いた三田の豚は、塩っぱくて舌先にピリピリとくるジャンクなもの。

三田本店では、いろいろなブロックの1部を切り分けて出して頂けるので、いろいろな食感と味が楽しめる。

三田本店に行ったら、是非とも豚をマシて頂いて、豚を堪能してもらいたいです!!



野菜は三田本店の冷たい野菜で、ここ数年でもやし率が高くなり、キャベツ率は落ちましたが、茹で上がった野菜の後に水をぶっかけるのが三田本店。

ラーメン二郎の元のレシピは、トンカツから発想してると言います。

ラーメンに生キャベツじゃ食べにくいから茹でた。トンカツの野菜は元々冷たいから、水で冷やしてるのかしら。


さて豚と野菜を食べ終えて、麺をほぐしていきます。



麺は柔らかい茹で上がり。

麺肌はモチモチツルンとしていて、プニプニな食感。

相当量の水分量が内在していて、あまり食感としては良くないかな。

箸で麺を持った時に伝わる重量感が重い時には、ほぐすようにしてます。

麺は柔らかいと底に沈んでギッチリと固まるからです。
そうなると食べてる体感より、全く減らなくて心が折れる時があります。

逆に硬いと見た目程の量はなく、案外サクサクと見た目が減っていきます。


スープは乳化しているものの、醤油のキレはなく、甘くもしょっぱくもなくて。

次回はカラカラでニンニク多めかな。


豚は美味かったけど、スープと麺は現在だと自分の好みじゃないかな。
麺の水分量の問題かもしれません。

ごちそうさまでした!

***************
ラーメン二郎 三田本店
定休日 日・祝
昼の部 8時半頃〜15時頃
夜の部 17時頃〜20時頃

***************






ラーメン二郎 三田本店(夜の部)

ラーメン二郎 三田本店(夜の部)
本日は三田本店の夜の部です。


JR田町駅から行きました。
最寄りは都営三田線・三田駅です。



18時35分過ぎに田町駅到着。

よっぽどの大行列じゃなければ、間に合う時間です。

それでも早足で行きました。


三田口からエスカレーターを降りて、タクシーターミナルを左手に見ながら進むと、国道15号線に当たるので、15号線を渡ります。

(写真は入り口を通り過ぎて田町駅方向から撮影)

慶応仲通り商店街は、大学のお膝元ではありますが、お客さんはサラリーマンが多い気がする商店街。
三田本店に行くには、比較的わかりやすく交差点も二箇所、ほぼほぼまっすぐ行けます。



慶応仲通り商店街の出口にあるセブンイレブンを右手に見ながら抜けると、三田四丁目交差点。
そのまま交差点を直進しますが、車道は太い道なので右側の横断歩道を渡ります。

写真は横断歩道で信号待ちしてる時に
東京タワーを撮影。
このスポット好きです。


右側に緑のカーテンを見ながら、軽い坂道を登って行くと、右側に大きい建物が見えます。
オフィスにも見えない事もないですが、こちらは慶應義塾大学の三田キャンパス。
昔にラーメン二郎三田本店が都市計画の為に旧店舗から移転の際に、閉店の危機がありました。
大学の有志が結集して、大学構内に三田本店を大学構内に誘致する運動が起こったと言います。
結果、現在の場所に移転が決まり、今に至ります。


慶應義塾大学三田キャンパスの正門を通りすぎると軽い下り坂。
遠くに横断歩道が見えてきます。
その先に三田本店。
この辺りから走り出すお客さんもいるくらい。
行列が長い時には、ここで見て諦める人も。
いろいろドキドキするスポットです。


18時50分着、待ち21。
グループが多く、一部で2列並びになってました。
外壁には一列で並んで下さいとの貼り紙を見た記憶がありますが曖昧な記憶。

写真のように角まで並んだ場合は、お店の建物沿いに並びます。
駐車場まで達したら、折り返し。


ラーメン二郎ならではの、お茶のみの自動販売。
持ち込みは可能ですが、飲み終わった缶やペットボトルは、先程の角付近の道路沿いにある、缶・ペットボトル専用のゴミ箱に捨てましょう。
※お店でも同じ事を言われます。



夜の部は自分の期待量に比べて少なめなので、今夜も大ブタダブルをチョイス。


食券は前の人が買いに行ったら、交代で買うのが良いと思います。

行列7人以内になったら、なるべく買うようにしましょう。

券売機側の入り口が塞がれている等して買いに行けない場合は、
厨房から、
「ラーメンの大きさを教えて下さい!」
と問いかけがあるので、自分が食べたい大きさを答えます。

大・小が基本ですが、
小以下の希望の場合、
半分・少なめ・1/3などを伝えます。

この時に味薄め・アブラ少なめ、麺硬め・柔らかめ希望の人は伝えます。

何も希望のない人は、大・小のラーメンのサイズのみを伝えましょう。

***************
調理の流れ

大・小などのサイズ確認
麺釜に麺を必要量投入
丼の準備
トッピングの準備(豚・野菜など)
麺硬めの人のスープ投入
麺硬めの人の麺あげ
ニンニクは入れますか?(無料トッピングの確認)
盛りつけ(野菜の量の調整・カラメ・アブラの投入も)
着丼
普通の茹で加減の麺あげ
(以下繰り返し)

注:トッピングを聞かれる時(ニンニクは入れますか?時)には、丼にスープと麺が既に入ってます。

茹で加減や味薄め、アブラ少なめは大きさ確認か、着席時(既に大きさ確認を終えた場合は不可)に伝える事が重要です。

***************
小ラーメン 600円
小ラーメン 豚入り 700円
豚ダブル入りラーメン 800円
大ラーメン 650円
大ラーメン 豚入り 750円
豚ダブル入り大盛りラーメン 850円

無料トッピング
ニンニク(多め・少なめ・半分・少し)
野菜(多め・少なめ・半分)
アブラ(多め・ダブル)
カラメ(カラカラ)

※夜の部と助手さんの麺あげ時は、
マシやマシマシも通る模様
***************


40分程で着席。

厨房には社長こと総帥の息子さん、神保町の助手さん、初めて見るメガネをかけたツンツン頭の方の3人体制。

息子さんは、自分達のロットの後は、あがりとなりました。

卓上調味料は白コショウのみ。

お水は厨房の助手さんから頂きます。(着席した人は全員だされます。飲まなくても受け取りましょう)

お水を出された人は次ロット、という感じです。

助手さんから、
「大ブタダブルのお客さん、ニンニクは入れますか?」と声がかかり
自分は、
「ニンニクカラカラで!」とコール

ぶたダブル入り大ラーメン(850円)
ニンニクカラカラ(0円)

別角度

閉店間際なので、乳化よりの見た目です!
早速頂きます!!



野菜は三田本店名物のクタクタの冷野菜。
茹であげた後に水をぶっかけて冷やしています。
熱々じゃないので食べやすい。
天地返しは、スープの温度や濃度により自分は変えてます。

熱々で濃い見た目な場合→天地返し
高くない温度で薄め→先に食べる
どちらでもない場合→先に食べる



自分の好きなしょっぱ目で、ニンニクとカエシのよく染みた脂身のたっぷりついた豚。
野菜のオカズにする場合が多いですが、スープの味が薄めな時は、豚をかじりながら麺を食べる事も。

豚については二郎全店で1番好きな味で、美味い!!!

冷えてはいますが、柔らかくて大好き❤



豚と野菜を大体食べ終えて麺をほぐします。



麺はこの日、少し厚めな平打ちストレート。
1時はパッツンよりな時もありましたが、この日はプニっとした柔らかい食感。
厚みがあるので、ややすすりにくくもありますが、芯もしっかり残っていた。

大盛りで体感、茹で前200g〜250gくらいかな。



スープは微乳化より乳化よりの黄色っぽさ。
乳化よりになると、やや醤油の効きがマイルドに感じましたが、問題なし。


全体的には、少しニンニクが弱く、スープも薄めでしたが、麺が柔らかいので、なんとなくバランスが取れてました。

当たりかハズレかと言われれば、個人的には及第点。

豚、美味しかった〜!!

最後に野菜の欠片を頂いて

ごちそうさまでした!!!

***************
ラーメン二郎 三田本店
定休日 日・祝
昼の部 8時半頃〜15時頃
夜の部 17時頃〜20時頃

***************



ラーメン二郎 三田本店(夜の部)

ラーメン二郎 三田本店(夜の部)
人気ブログランキングへ





ラーメン二郎 三田本店
定休日 日・祝
昼の部 8時半頃〜15時頃
夜の部 17時頃〜20時頃

最寄り駅 : JR田町駅 都営三田線三田駅

田町駅西口&三田駅1番出口→田町駅前信号(国道15号線)を横断


慶応仲通り商店街→桜田通りを横断


右手に東京タワー


富士そばの左脇の広めの道路を真っ直ぐ

右手に慶応大学→ゆるい坂道を下り


 到着したら最後尾に並びます。
お店の隣には一般の月極駐車場があり、駐車場にかかる所にはパイロンがあるので、パイロンまで行列が延びていたら折り返します。
更に横断歩道まで並んだら、横断歩道で折り返しの繰り返し。


17時ちょうどに到着、待ちは18で角付近。

表通りまで列が進んだら、お店の壁よりに一列で並びます。


お水は助手さんからサーブ。


食券は行列先頭から7人までくらいに購入→助手さんから食券確認(券見せ)(要望ある場合 :麺硬め柔らかめ・麺少なめ半分・アブラ少なめ味薄めを同時申告)

小ラーメン 600円
小ラーメン 豚入り 700円
豚ダブル入りラーメン 800円
大ラーメン 650円
大ラーメン 豚入り 750円
豚ダブル入り大盛りラーメン 850円

無料トッピング
ニンニク(多め・少なめ・半分・少し)
野菜(多め・少なめ・半分)
アブラ(多め・ダブル)
カラメ(カラカラ)

無料トッピングの申告タイミング
麺茹であがり→麺あげ後→ニンニクは入れますか?と助手さんからコール

例  ニンニク野菜

提供順 (着席順関係なし)
硬め→ノーコール→柔らかめ
裏口→センター→券売機側

助手さんからニンニク入れますか?の問いかけ

「ニンニクカラメで!」と申告


大ラーメン豚入り(750円)
ニンニクカラメ(無料)

横から

醤油の色が鮮やかですね!
頂きます!


野菜は芯が少し残る茹で上がり。
三田本店名物の冷野菜は、茹で上がり後にバケツで水をぶっかけて冷やします。
バリバリとした食感で、スープに浸しながら頂きました。


野菜はのみだと飽きるので、豚を引っ張り出します。



豚は腕肉で、三田本店ではいろいろな場所を切り分けてもらえる事がある。
しっとりとした肉質な上に脂身との比率も良く、カエシの入り具合が秀逸でニンニクも良く効いた、しょっぱ美味っ!!


ある程度豚と野菜を食べたら天地返し。



麺はやや厚みのある細めの平打ちやや縮れ。
ピロピロした食感で麺肌はツルツルとしている。
以前のようなフニャフニャのものではなく、力強い感じに変わっていた。

個人的には今の麺が好き。


スープは非乳化でやや液体アブも見えましたが、味醂とグルがビンビンに効いていて、非乳化ながら豚の旨味もたっぷり。
率直な感想でいうと食べやすい!


全体的には麺の強さとスープの美味さがガッチリ噛み合い、素直にスルスルっと入るのどごしの良さもあり、ストレスなく食べられました。

しかし、店内に漂う玉ねぎの少し傷んだような香りが強く、ややマイナスポイント。


全体量は軽めで、大盛りと言えど麺量は250g〜300gあたりか。
1ロット以内に完食。

ごちそうさまでした!!!!




人気ブログランキングへ


ギャラリー
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店
  • ラーメン二郎 桜台駅前店