ラーメン富士丸 西新井大師店5

本日は富士丸@西新井大師です。
 


最寄りは東武大師線、大師前駅です。



 




東武大師線は、西新井駅←→大師前駅を一駅のみ繋ぐ、三両編成の単線です。
西新井駅と大師前駅の間には、駅は一つもなく、レールは二本のみです。

大師前にある、西新井大師に参拝する方はもちろん、地元の方々にも愛されてる路線です。

地元の方の話を聞くと、同じ車両がずっと行ったり来たりしてるので、行ったり来たり電車とも呼ばれているようです。




大師前駅を降りて、近くにある大通りに出て右に曲がり道路沿いに歩くと程なく着きます。
大師前駅から徒歩2分くらい。

21時過ぎに到着、お店前のベンチを見ると、8人待ち。

 


こちらでは、食券を先に買ってから並びます。

外待ち中に食券を回収に、助手さんが出向いていらっしゃるので、必ず食券を先に買ってから並びましょう。

食券を回収にいらっしゃったら、
助手さん「麺の大きさはどうしますか?」と聞かれるので、麺の量を伝えます。
→ 半分<少なめ<普通<チョイマシ<大盛り(チョイマシ以上は現金170円をこの時に渡します)

※普通でも一般的なラーメン屋さんの2倍くらいあります。

この時に、麺の硬さ、アブラ少なめ、味薄め希望の方は同時に伝えます。(トッピングは麺の茹で上がり時に聞かれます)

基本、入り口は大通り側、出口は商店街側からになります。

外待ちも大通り側です。

外並び途中で、助手さんが出向いてきて、食券回収がありました。

自分は、普通でとお願いしました。


10分程で着席。

店員は、マサ君店主とさえちゃんの二人体制。

お水とコップは商店街側の出口右横から。

おしぼりは、カウンターの客席側通路の中央あたりから、セルフサービスです。




卓上調味料は、すりゴマ、卓上醤油、一味唐辛子、白胡椒、黒胡椒の5種類。

座る場所により、手の届かないものも。

しばらくして、マサ店長から、ニンニクは入れますか?と声がかかり

自「ニンニクアブラでお願いします。」

ラーメン(850円)生たまご(60円)
ニンニクアブラ

別角度



















生玉子

別皿アブラ

生玉子は殻つきで提供されますが、割るのに失敗。。。。

野菜の盛り付けが美しいです!

早速頂きます!!


先ずは野菜から頂きます。

野菜はクタクタ野菜までいかない、柔らかめに茹でられています。
野菜コールするとかなりの量が載ります。
個人的には、この野菜に唐辛子をかけて食べるのが好きです!


豚は、赤ちゃんのコブシくらいのが一つと、小さ目のほぐれた赤身の物が少し。

肉質はトロリとした食感で柔らかく、醤油色に染まっていて味つけは濃い目です!
豚マシにして、豚をかじりながら麺を食べたくなる味です!
当たりハズレで言えば、当然大当たり!


豚と野菜を大体食べたら、麺をほぐしていきます。


麺は富士丸製麺所製(神谷本店の2階)の平打ち、ちぢれ麺。
茹で加減はやや硬めで、個人的には程よい硬さ。
富士丸三店の中で、個人的には一番好きな茹で加減、柔らか目にしなくて良かった。

麺肌はツルリとした感じで優しい食感、噛み締めるとボソボソ感のある低下水麺。

個人的には、硬めや柔らか目より最適な茹で加減が好きな事に気がつきました。


終盤は別皿アブラに生たまごとニンニク、黒胡椒、ラー油を加えて、セルフ汁なしに。


スープはこの日、非乳化〜微乳化より。
醤油のキレもあり、夏の暑い時には醤油キリリが好き。

全体的に西新井大師店は、富士丸の中でもライトな印象ではありますが、麺の茹で加減、豚の出来、スープの美味さは個人的好みで、比較的に二郎よりな味でした。

大変満足!!

ごちそうさまでした!!!!!

******************
ラーメン富士丸 西新井大師店
東京都足立区西新井1-7-7
定休日 毎週月曜
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 




コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店