ラーメン二郎 相模大野店5

ラーメン二郎 相模大野店

本日は相模大野店です。


最寄り駅は、小田急線・相模大野駅です。


正面改札口を出て右に行くと駅前広場があります。

この日はお盆の最中でしたが、駅前の人通りは変わらず。

ところどころに秋に開催される、もんじぇ祭りの広告が貼ってました。


駅前広場に出て左へ行くと、Buono!という複合商業施設があります。

相模大野店の移転前にあった、
相模大野駅前店は、このBuono!が出来る前の相模大野駅前商店街の中にありました。

駅前再開発に伴い、現在の位置に移転したのはもう10年くらい前。

その当時から、様々なトッピングやイベントを開催してます。


駅前広場から直結して、ボーノのツインビルの間を歩いて行きます。

ボーノ横丁には、飲食店が多く入っています。


ボーノのツインビルの間を通り抜けると、地上に降りる階段、エスカレーター、エレベーターがあります。

人通りはまばら。


大野銀座を通りますので、地上に降りましょう。


大野銀座辺りから、左右に入ると民家やアパート・マンションなどがあります。

自分は昔の人間なので、商店街といえば魚屋や八百屋、肉屋などがあるイメージなんですが、食品関係は流通と結びついて大規模化して、システミックになりました。

何となく味気ないなぁと思うのは、昔の人間だからでしょうか。



大野銀座に入って2分弱、ツルハドラックを右折します。


相模大野駅の改札口から、10分かからず到着。

入り方は横断幕の右からチェーンの中に入り、左側の入り口から中に入店します。
出口は右側の専用出口からです。


14時台に入店。
入店したら、前の人に続いて食券を買いに行きましょう。

店内は5人〜6人待ちが出来ます。

入り口と出口のスライドドアに並ぶ感じです。

店内待ちの先頭は、青いポールまで詰めましょう。

この日は14時台に入店した為、豚増し券は売り切れ表示でした。

つけ麺や賄いといったメニューがありますが、価格帯は150円〜200円。

ミニラーメン、ラーメン、大ラーメンの何れかのメニューにつけ麺や賄いの食券を買う事で、メニュー変更出来ます。

ミニラーメン+つけ麺→ミニつけ麺
大ラーメン+賄い→大(盛り)賄い



食券を買ったら、中待ちの列に戻ります。

列を離れる際には、前の人の特徴を覚えておきましょう。

中待ちの時に、店主から
「食券を見せて下さい!」
と声がかかる事があります。

持っている食券全部を見せましょう。

【注意】 
・相模大野店では、麺半分・麺少なめ、麺マシ、味薄め・アブラ少なめは、やってません。

相模大野店では、基本的に、席の案内をしてないです。

女性連れのカップルのみの案内をしてるよう

男性2人客の場合は、
「バラバラになりますが、宜しいですか?」
と中待ちで声がかかる事も


席が空いたので、お水を汲んで着席。
コップも給水機も、券売機の左側あたりです。

店員は店主とメインのイケメン助手、若い洗い物担当の男性助手、アルバイトっぽい小皿担当の助手さんの4人体制。


卓上調味料は、左側から白黒MIXコショウ、マジック唐辛子、卓上醤油、一味唐辛子の4種類。
お箸は、エコ箸9割くらいと割り箸が1割くらい。

提供は大体入店順ですが、見ていると
ラーメン→つけ麺類→賄いの順番


相模大野店では、限定のゲリラトッピングをやる時があります。

食券を買うパターン、現金と着席時コールで言うパターン、無料で着席時コールするパターンがあります。

詳しくは、Twitterの@sumo_jiroで確認をお願いします。
希望なので、いらない場合は何もアクションを起こさなくて大丈夫です。

【トッピングコール時の注意】
・ラーメン行きましょう〜、お隣〜、少なめ〜などとメニュー名のみで呼ばれます。

・禁句コール : 多め、マシ、マシマシ、カラカラなどの増量コール

・可能コール
ニンニク少なめ(半分不可)
野菜少なめ(半分不可)

・コール順
①ニンニク
②野菜
③アブラ
④カラメ

※①〜④の中で希望のみ、①から順番にコール。

✖️野菜ニンニク ✖️カラメアブラ等

正しい例
ニンニク少なめ野菜
野菜アブラ(ニンニクいらないですはさ不要)

ラーメン→つけ麺→賄いの順番でトッピングコールが始まり、
 店主「賄い〜」と自分に声がかかり、

自「ニンニクアブラカラメで!」と返答

大ラーメン券(820円)賄い券(200円)つけ玉(100円)極上生たまご(80円)本日の薬味皿(100円)
ニンニクアブラカラメ(全て0円)

賄い

別角度

つけ玉

極上生たまご

今日の薬味皿

賄いは水で〆た冷たい汁なし(混ぜそば)です。
つけ玉は、極上たまごに白だし醤油を加えたもの。
 
では早速頂きます!!



先ずは野菜から頂きました。

モヤシは中心の髪の毛1本くらいの芯があり、外周部付近は透明になるくらいの茹で上がり。
野菜臭さはまるでなく、噛み締めると軽い歯ごたえがあり、茹で加減は完璧。

こちらにはメインの助手さんの他にも、調理担当の助手さんがいらっしゃいますが、誰が茹でても完璧な茹で加減で、凄いと思います。


次に野菜に埋もれていた、豚を引っ張り出します。


豚は、しっとりとした茹で上がりで、カエシの入りも悪くない。
サイズが小さめなのは、このご時世なので仕方なし。


豚と野菜を大体食べ終えて、いよいよ混ぜていきます。



麺は細めの平打ちストレート。
たまにバキバキな時もありますが、この日はチョイ硬めな感じで、冷たい麺を食べるには、最良な茹で加減。

加水率はチョイボソな感じで、個人的好み。

個人的には、すすりやすい太さで、自分と相性がいい。

薬味皿は、見た目玉ねぎがほとんどと
葉ネギが少々。
味つけは塩コショウとゴマ油という事でしたが、ほとんど味が付いておらず、残念でした。
味的には、お新香みたいな感じ。


つけ玉を使って、すき焼き風。
こちらで使われている、地元のブランド玉子の「さがみっ子」は、生玉子独特の生臭さは少なく、濃厚な黄身は白だし醤油との相性も良く、ずっと食べたくなる感覚になります。
めっちゃ美味い!!!


終盤は、味が濃くなってくるので、さがみっこを直接投入。
美味しさとマイルドさをプラスして、ラストスパート。


賄いは、水で〆た麺の上に、魚粉と天かすをたっぷり振りかけ、
タレは、化調、少量の醤油、アブラをかけたもの。
そこに豚と野菜を載せたもの。

味的に塩っぱそうに見えますが、醤油は少なめになっているので、足りない人は、卓上醤油で足しましょう。

冷たい麺のメニューは、麺の美味さ不味さがハッキリします。
相模大野店の麺の美味さは格別です!!

最後はさがみっことタレが合わさり、こりゃ美味いってなり、思わず完飲。

ごちそうさまでした!!!!



******************
ラーメン二郎 相模大野店
神奈川県相模原市南区相模大野6丁目14-9
定休日 月曜 不定休 日曜 他 臨時休業あり
昼の部
10時30分〜14時
夜の部
17時30分〜21時
web site sumoji.jp
Twitter @sumo_jiro

 
 
*****************

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店
  • ラーメン富士丸 神谷本店