ハイマウント@栃木県小山市

本日はハイマウントです。
前回記事から連食で。

今回も車で連れて行って頂いたので
GoogleMapから、場所の方はご確認をお願い致します。




こちらのお店では、食券を買ってから並ぶルールのようです。

コッコマンは生玉子2つと刻みタマネギ、生姜の入ってるものという事。

カーリマンはカレー風味のトッピングらしい。

外待ちにはベンチがあり、2ロット分の外待ちが確保されてるようです。


40分程で着席。

店員はジャンクガレッジ出身の店主さんと、女性店員さん。

ロット入れ替え制のようで、女性店員の方がカウンターやイスを拭いてからの着席でした。

すぐにニンニク入れますか?と女性店員さんから声がかかり、
ニンニク魚粉と返答。


こちらの名物はまぜそばという事で、トッピングはいろいろあります。

ひどく暑かったのでつけ麺をチョイス。



カラメがないのは多分、卓上にあるボトルに入った醤油を使って下さいという事なのかなー。


卓上調味料は卓上醤油のみ。
二郎系でもコショウや一味がないのは、稀なケース。


ジャンクガレッジ出身からか、同じ開花楼の特製麺。

店内はロック調の曲が大きめの音量で流れてました。

ロット間は長めかな。

ラーメン、まぜそば、つけ麺、トッピングが多種あるお店で、ほぼワンオペの場合は仕方なしと思っています。

お待ちどうさまですと着丼。

つけ麺並(780円)
ニンニク魚粉

麺丼(メイン丼)

つけ汁

ウズラはデフォでついてくるようですね。
つけ汁にはネギがたっぷり!
早速頂きます!!



まずは野菜からです。

野菜の茹で加減はシャキシャキ。
ロット最後の方だからか、少し冷えてました。


豚は厚切りのバラ肉。
やや硬めに巻かれており、カエシの染み込みは浅く、中はほとんどプレーンな状態。

しかしいろいろと細かいのを含め、ボリュームは満点!


野菜と豚を食べたら麺です。



麺は厚みのあるうどんタイプな麺。
中心部はボソボソクニっとした食感、麺肌はツルツルで。小麦粉の密度が高く、少しパッツリ感もある。




つけ汁はネギだくさんで背脂のたくさん入ったもの。
醤油のキレはなく、アブラで重く、ネギはアブラと中和されて味が抜けています。

個人的好みでいうと、醤油をキリっと利かせたしょっぱ系の方がつけ麺に合うと思っているので、少し残念かな。

つけ汁と麺との相性は残念ながら悪く、麺につけ汁の引っ張り上げが少ない。

個人的印象ですが、つけ麺の麺には適してないのかなぁという印象でした。

次回は必ず、まぜそばを頂きたいと思います。

ごちそうさまでした!

******************
栃木県小山市八幡町1丁目1-8
定休日 月曜日
昼の部
11時30分〜14時
夜の部
18時〜21時
日曜日
11時30分〜15時頃
(材料切れ閉店)
Twitter :


******************