ラーメン二郎 横浜関内店

本日は関内店です。


最寄りは横浜市営地下鉄・伊勢佐木長者町駅ですが、今回もJR関内駅北口からです。




JR関内駅北口構内は綺麗に改装されましたが、改札口前は未だ工事中。
北口改札を出たら、この工事中の囲いの真裏にある信号まで行きます。
左からでも右からでも行けますが、左から行った方が早いです。


先ずは関内駅北口の交差点を伊勢佐木町方面へ渡ります。
この写真で言えば、左手の横断歩道を渡り、信号のあるところでこの通りを右側に渡ります。
関内店はこの道沿いの右側にあります。


みずほ銀行前の信号を渡れたので、そのまま道なりに。
この通りは鎌倉街道です。


途中右手には、パセラリゾーツ。


左手には、厳島神社。


途中、大きな交差点はないので、わかりやすいかと思います。

最寄りの交差点は長者町5丁目です。


日曜日の19時15分着、待ち43に接続しました。
並び始めたのはコーヒー館に至る少し前あたり、この日はグループ客が多かったようです。

関内店の場合、並び人数x1分〜1.5分程度なので、大体1時間くらいで着席出来ると予想。
実際は1時間2分程でした。


50分ちょいで店前の道路側へ誘導されました。

6人くらいの待機スペースで、麺の大きさの確認(大か小か)をされます。

小で汁なしの希望の人は、小汁なしで!と返答しましょう。

ラーメンの場合は、サイズを聞いてるので小か大かのみを返答。

同時に麺の硬さの好み、麺量の調整、アブラ少なめ、薄めにしてもらいたい人は、この時に同時に伝えます。

※汁なしの場合、フライドオニオン抜き、ブラックペッパー抜きもお願いする事が出来ます。


先日に一週間程、臨時休業のあった関内店。
7月いっぱいまで火曜日と水曜日が定休日との事です。


行列の先頭になりましたが、席が空かずに麺揚げが始まってました。

まぁ関内店の麺は延びにくいので大丈夫ですが、麺揚げ終了から1分程で着席しました。

店員は店主さん、よく麺揚げをされている眼鏡の方、年輩の新人な方の三人体制。

着席すると、すぐに助手さんから、
「小、汁なしの方、ニンニクは入れますか?」と声がかかり

自「ニンニクアブラカラカラで!」と返答

小ラーメン(690円)汁なし(80円)ネギ(100円)ニラキムチ(80円)

別角度

卓上調味料は、白コショウ、一味唐辛子、酢の三種類。

無料トッピングには紅しょうが(コール時には「紅」と呼称)もあります。

綺麗に盛りつけて頂き、ありがとうございます!

早速頂きます!!


先ずは豚からです。


豚はバラ肉を使用した巻き豚で、外周部には脂身があり、トロリとした食感に甘辛いカエシの味つけ、中心部も軽めに巻いてあるので、硬くなく、軽い歯触りで美味い!!!

豚切れが悔やまれます。。。


ネギは細切りでしんなりとした歯ごたえで、ナムル風の味つけ。
味つけのバランスがよく、ラーメンや汁なしの邪魔をしない、絶妙。

販売してれば、必ず購入しています。


ニラキムチはピリ辛の味つけで、酸っぱ味がある。
歯ごたえはさほどないので食べやすい。
中盤から終盤にかけての、味変で食べても良し。


麺以外のものを大体食べ終えて、グルグルと混ぜていきます。


麺は厚みがあり、二郎標準よりやや細めの平打ちストレート。
高密度なパツンパツンの歯ごたえで、軽く噛むとプチンとした潔の良い切れ方をする。

のどごし最高で、のどをプルプル言わせながら食べて頂きたい。


ブラックペッパーが強すぎると自分は苦手ですが、程よくかかっていたので、大変美味しく頂きました!

汁なしのタレは、化調、カエシ、寸銅に浮いたアブラの層を入れたもの。

元祖汁なし、逸品です!!

ごちそうさまでした!!!!

*****************
ラーメン二郎 横浜関内店
神奈川県横浜市中区曙町2丁目31
定休日 水曜
昼の部 11時〜14時30分
夜の部 18時〜22時
twitter : @kannaijiro


*****************