2017年10月

ラーメン二郎 千住大橋駅前店5

ラーメン二郎 千住大橋駅前店


本日は千住大橋駅前店です。


最寄りは京成線・千住大橋駅です。




千住大橋駅前店は、駅から最も近い二郎店で、駅の構内を出るとすぐにあるお店で、改札口からでも徒歩数秒。
1つしかない改札口を出て、左に行くと駅の隣にあります。




とある祭日の12時40分着、待ち15人でした。


こちらは以前、食券の先買いをお店からアナウンスされてましたが、最近は呼びかけがないようです。

自分はクセなので、食券を先に買ってから並びました。

メニューは、ラーメンや豚入り、大盛り等の他に有料トッピングメニューの生たまごと辛味。


最近はあちらこちらで、アルバイト募集を見かけます。
意欲のある方は是非。


麺カタメを対応してないお店も増えました。
自分は基本的にカタメが苦手な方なのでお願いしません。1番こちらのラーメンを食べてるのは、お店の方だと思うので、大体はデフォで頂いてます。


30分程で着席。
並んでる途中で食券の確認がありました。
その際に貼り紙で書かれていた、「アブラ少なめ」でお願いしました。


卓上調味料は、白コショウと一味唐辛子。

店員は物静かな以前リリーと呼ばれていた店主と、男性助手さん。

ロット間は普通くらい、食べるのが遅い自分にはありがたいです。

着席順にトッピングコールが始まり

店主「ニンニクは入れますか?」
自分「ニンニク野菜少なめカラメラー油でお願いします。」
店主「ニンニクも少なめで?」
自分「はい!」

小豚ダブル(950円)生たまご(50円)生たまご(50円)
ニンニク少なめ野菜少なめカラメラー油

別角度

ラー油の色が良く映えます!
味玉ありがとうございますm(_ _)m
では早速頂きます!


先ずは野菜からです。

野菜はシャキよりの歯ごたえの茹で加減、野菜を茹で始めるタイミングと、引き揚げるタイミングは、店主の動きと連動していて、そつのない動き。


野菜のおかずには豚です。


豚はしっとり感のある、柔らかい肉質で旨みが十分に残っており口の中で溶けるやつ、美味い!!!
ラー油は、それほどピリ辛ではなく、アクセントになるくらいの辛さの度合いで、辛いのが苦手な自分でも、美味しく頂けます!
加えて自家製ラー油は、旨味たっぷりで美味しい!


少しシャキよりな野菜を下に沈めて柔らかくする作戦に変更し、天地返しをするとともに、下に固まった麺をほぐしていきます。


麺は細めの平打ちストレート、開店当初から柔らかめの茹で加減は変わらないですが、気持ちこの日は硬め(一般的二郎では柔らかめ)でした。
ビヨーンと伸びる腰のあるのも特徴的です。


熱々な麺なので、中盤から生たまごを投入。
猫舌な自分にはありがたいアイテム。
もちろん味変の効果や、麺を滑らかにすする狙いもあります。


最後の方にもう一個の生たまごを投入して玉子スープに。

スープは、以前のしょっぱさは影を潜め、円やかな味に変化しました。

全体的には、麺がやや弱めではありますが、ラー油のアクセントが効いていて、自分的には好みなものに。

豚も美味くて大満足!!

ごちそうさまでした!!!!

***************** 
ラーメン二郎 千住大橋駅前店
東京都足立区千住橋戸町10-8
定休日 日曜日 木曜日
昼の部 11時〜15時
夜の部 18時〜21時
土曜日 
11時〜15時
Twitter :@senjujiro26
 
*****************
 

ラーメン二郎 相模大野店5

ラーメン二郎 相模大野店

本日は相模大野店です。


 
 



最寄りは小田急線・相模大野駅です。


とある日曜日の昼営業の日に訪問。

この日はシークァーサーつけ麺の最終日。

相模大野駅のコンコースを歩き改札口を出て北口へ。


今回は最短距離のstation SQUAREの中を歩いて行きます。


BICカメラの右横のドアを開け、中に進むと果物屋さんが左手に右手にはスイーツを売るお店があります。


右手に銀だこを見ながら真っ直ぐ通路を抜けると、出口が見えますから、外に出ます。


外に出て右手には、自転車が通れないようにするところを通り抜けて行きます。


視界が開けると、BONO!と呼ばれている、複合商業施設が見えてきます。

ちなみに相模大野店の移転前にあった相模大野駅前店は、このBONO!の建設前にありました。

BONO!のツインビルの遊歩道を抜けていきます。



BONO!横丁を見ながら突き抜けていくと、広い踊り場に出ます。

この先には階段、エスカレーター、エレベーターがあり、いずれかの手段で地上に降りると、大野商店街が目の前にあります。



大野商店街に入ると居酒屋さんなどがあります。


ツルハドラックを目印に、右に曲がります。


10m程行くと右手にラーメン二郎相模大野店があります。

日曜営業の12時20分頃着、外待ち7に接続。
相模大野店は、入り口の手前に遊園地にあるようなチェーンを使った外待ちがあり、チェーン内に15人並べます。

右側扉は出口専用なので、両替する場合でも、入り口専用の左の扉に入ってからお願いしましょう。

チェーン内に入りきれない場合は、神社方向(外のジュースの自販機)に。
日曜祭日などは、商店街方向に並びます。


この日はシークァーサーつけ麺の最終日。
混雑を予想してましたが、少し多めの並び人数でホッとしてました。

豚増し出来る時間帯がギリギリかもしれないと懸念があったからです。

豚増しは販売中でした。良かったー!


左の扉から店内に入店したら、前の人に続いて、食券を買いに行きましょう。

店内待ちの時に、食券を見せて下さいと、店主から声がかかる場合があります。

相模大野店では、ラーメン、つけ麺を通年販売しており、夏季限定の賄いなどもあり、食券を全て見せましょう。


店内待ちから程なく着席。

店員は力士出身の店主と、小柄な方の若い男性助手さんと、見慣れぬ更に若い助手さんの3人体制。


卓上調味料は左から、白黒ミックスコショウ、マジック唐辛子、卓上醤油、一味唐辛子の4種類。
箸はエコ箸と割り箸の2種類の他にレンゲもあります。

提供順は、ラーメン→つけ麺→賄いの順番です。

こちらでは、「ラーメンいきましょう!」「おとなり〜!」など、独特の言い回しでトッピングを聞かれます。

店主「お待たせ〜!賄い〜!」と声がかかり
自「ニンニク少なめアブラカラメで!」

大ラーメン(830円)賄い(200円)豚増し(250円)生たまご(50円)つけ玉(100円)お土産・てっぺん(200円)
ニンニク少なめアブラカラメ

別角度

生たまご+つけ玉

こんもりした外観で、テンションが上がります↑↑↑↑↑↑↑

早速頂きます!!!


先ずは野菜から。
野菜はメインの助手さんがお2人いらっしゃいますが、絶妙な茹で加減で、野菜くささはもちろんなく、少しだけしゃっきり感を残した茹で上がり。
野菜も二郎の中では、重要なファクターです。美味い!


野菜を少し食べたら、豚を引っ張りだして野菜のオカズとします。


豚は旨味が抜けたものが多く、シットリとしたものが2枚程。
旨味が抜けるとパサパサした食感で、歯ざわりも良くない。
味つけはニンニクとカエシを使ったものです。

今回はハズレかなー。


野菜と豚を大体食べ終えたら、グルグルとかき混ぜていきます。


麺はややウェーブのかかった平打ちストレート。
茹で加減は完璧で、細めの麺でムチっとしたのどごしは美味いのですが、
この日は、麺にややヌメリがあり、食感があまり良くない。

まぁ今回はブレの範疇でしょう。


中盤は生たまごを割り入れて味変。
使用されてるさがみっこというブランド玉子は、玉子特有の玉子臭さが少なく、スッキリした後味。

全体的には、麺のヌメリが気になりましたが、まぁブレの範疇でしょう。

しかし苦戦してしまったので、食べ終わりの写真はなし。

ごちそうさまでした!!


帰宅してからお土産のテッペン(200円)で豚丼を。ニンニク効いていて美味かったです!

******************
ラーメン二郎 相模大野店
神奈川県相模原市南区相模大野6丁目14-9
定休日 月曜 不定休 日曜 他 臨時休業あり
昼の部
10時30分〜14時
夜の部
17時30分〜21時
web site sumoji.jp
Twitter @sumo_jiro

 
******************


豚ラーメン 板橋駅前店5

豚ラーメン 板橋駅前店

本日は豚ラーメン@板橋です。


最寄りはJR埼京線・板橋駅(東口)です。



JR埼京線の板橋駅に降りて、改札口に向かう途中に、目的地の豚ラーメンのお店が見えました。
初訪問ですので、ドキドキします。


東口(滝野川口)の改札口を出ると、左斜め前に見えました。
徒歩数秒の至近距離です。


外から恐る恐る、入り口にある券売機を撮影。
有料トッピングは定番のタマゴ系からメンマまでありますね。


ラーメン、まぜそばの他に、つけ麺もあるようです。

無料トッピングは、定番のニンニク野菜アブラからめの他に、ねぎもあるのが面白いですが、最初なので、いろいろ入れ過ぎないようにしようと思いました。


17時過ぎに友人とともに着席。
先客は3名でした。

店員はイケメンの店主な方お一人でしたが、後に助手の方も加わり2人体制。

卓上調味料は、左から卓上醤油、酢、唐辛子、コショウの4種類のようです。

卓上調味料の近めに着席出来たら、確認したいと思います。

着席してから10分弱くらいで

店主「ニンニクは入れますか?」
自「ニンニクカラメで!」

大豚らーめん(920円)
ニンニクカラメ

別角度

友人と店主は仲が良く、
ウズラありがとうございました!

初訪問の1杯目!
早速頂きます!!!


先ずは野菜から頂きます。
野菜は、しっとりした茹で加減で、しっかりと火が入っています。

ニンジンを入れてるのは、写真を撮影した時に、彩りがあった方が良いとの事で、確かに彩りありますね!


豚はギザギザな断面なものもあり、カエシの入りを考慮したものかな?
しっとり感のある食べ口と、しょっぱ目の味付けは、直系二郎と変わらないもの。
個人的には三田本店の豚が好きなので、ニンニクを載せて頂きました!


野菜と豚を食べ終えて天地返し。


麺はモチモチ感のある平打ちストレート。
芯を少し残した茹で上がりながら、さほど硬めには感じず、スルスルっと食べやすい麺です。
スープの持ち上げも良好!


スープは豚と鶏を使ったスープとの事、豚の旨味の上に鶏のコクが加わり、濃厚なスープに仕上がっています。


麺とスープのバランスは良好で、二郎系はやや麺が勝ち過ぎる時もありますが、しっかりしたスープが好印象!!


この後、野菜のカケラをサルベージして、

ごちそうさまでした!!!

******************
豚ラーメン 板橋駅前店
東京都北区滝野川7-2-6
定休日 なし
11時30分〜23時
11時30分〜21時
Twitter : @butaramen1101


******************

ラーメン富士丸 神谷本店5

ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄りは東京メトロ・南北線、志茂駅です。



志茂駅の改札口は地下にあるので、1つしかない改札口を出て左に行き、1番出口から地上に出ます。


地上に出たら、TOYOTAの販売店が見えたら正解。


右手方向に進みます。

お店は志茂駅前を通る北本通り沿いにありますので、徒歩10〜15分程で到着します。




到着時はベンチ超えの待ち25ほど。

訪問したのは土曜日なので、いつもながら混んでいます。


1時間半程並んで、助手さんの誘導に従い着席。

中待ちの時に食券と現金200円を渡し、烏龍茶をお願いしました。


コップとお水とおしぼり、レンゲは小上がり横の店内奥からセルフで。

店内に入店する時、着席する時は、助手さんの指示が出てから動くのが、富士丸のルール。

また食べ終わった丼等は、必ずそのままにします。
片付けは助手さんが行うのが、神谷のローカルルールです。

しばし待ってから吉田さんから

吉田さん「ニンニクは入れますか?」
自分「ニンニク少なめで」

富士丸ラーメン(850円)
ニンニク少なめ

別角度

今回はコンディションが良くなかったので、デフォで。

早速頂きます!

野菜コールしなかったので、豚からいきます。


豚は柔らかめの煮あがりの腕肉で、カエシの染み込みが完璧で、麺のオカズに最適です!


麺をほぐしながら天地返しです。


麺は硬めの平打ちちぢれ麺。
ゴワゴワとした食感で、ボソボソした低加水麺は、富士丸ならでは。
この日は少なめにブレたかな〜

スープは黄色っぽい見た目のアブラと豚出汁の強いスープ。
多分、脂分の多い部位を使ってるんだと思いますが、背脂由来じゃないのは確かかな。
ふんわりした甘さが特徴のスープは、自分の中では謎のまま。


内容が軽かったので、さらっと完食!

ごちそうさまでした!!

**************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時


*************
 



 

ラーメン二郎 中山駅前店5

ラーメン二郎 中山駅前店

本日は中山駅前店です。


最寄りはJR横浜線・中山駅です。
隣接して横浜市営地下鉄・グリーンライン、中山駅もあります。




10日周期で切り替わる夏の限定も最終ターンに入った9月の下旬の訪問。


JR中山駅からは、メインの改札口を出て、右手の南口に出ます。(横浜市営地下鉄の改札口方面からも出れますが、遠回りになるので、ご注意下さい)


先ずは行く方向の確認です。

中山駅は改札口が2階にあり、


方向を確認したら、側にある階段を降りて右へ。


階段の右横は、バスターミナルになってるので注意しましょう。

正面に見えるクリーニング屋さんの前まで行って右です。


すると直ぐにらぁめん花月とお好み焼き屋さんが並んで見えます。

車両侵入禁止のある標識のあるところを左へ。


通りから左へ曲がると、ががちゃいというつけ麺屋さんが見えます。

写真の車が一時停止をしている方向にそのまま進みます。


道なりにそのまま進むと、右手に小豆色のマンションの下に居を構えているのが中山駅前店です。


とある日曜日の14時前に到着、外待ち8に接続。
10分ちょっとで中待ちへ。


この日はぎょったまつけ麺の提供の日でした。
夏の限定の切り替えの際は、メルマガでの告知はありません。

※現在は提供終了しています。


中待ちから10分弱で着席。

店員は店主な方、今年入った男性の方、店主な方のお父様の三人体制。

手際よくサクサクと調理は進んでいきます。


卓上調味料はブラックペッパーと一味唐辛子。
一味唐辛子は辛いタイプなので、かけ過ぎ注意です。

さてラーメン→つけ麺と提供が始まり

助手さんから「ニンニクは入れますか?」
自分「野菜少なめニンニクカラメで!」

大ラーメン(790円)ぎょったまつけ麺(100円) 生たまご(50円)
野菜少なめニンニクアブラカラメ

つけ汁

麺丼

別角度

随分、麺量多いなー

頑張って頂きます!!





先ずは上に載っているアブラからです。

中山駅前店のアブラは、液体アブラを切るように盛りつけしている固形アブラで、スープやつけだれを薄める事なく、頂く事が出来ます。

黒コショウをかけて頂くと禁断の味(笑)

最初に野菜と一緒に頂くのが1番かな。


豚を引っ張りだして、麺のおかずにします。


豚はシットリした食感の肩ロース。
カエシのしっかり入ったジューシーさで、トロリと柔らかい肉質は、中山駅前店ならではで、美味い!!


いよいよ麺を頂きます。

麺は二郎標準の中では、細めの平打ちストレート、夏の限定メニューの時は、やや加水率をあげてる模様で、シコシコムチムチとした食感が、ノドをプルプルとさせます!


つけ汁は、非乳化のキリっと効いた醤油の強いタイプで、魚粉の和風の風味、刻んだ玉ねぎのシャリっとした食感と風味は、アブラや豚出汁の強い二郎の中でも、サッパリしたタイプです。

先日頂いた、ごま油の効いたつけ麺も美味かったけど、ぎょったまつけ麺は、サッパリ食べられるタイプで、夏にぴったりな味です!


中盤辺りで生たまごを麺にぶっかけて、アクセントに黒コショウや唐辛子をかけて頂きました。

全体的には、やや麺が強いかなぁという感じもしましたが、するっと食べやすい麺なので、美味しく頂きました!

ごちそうさまでした!!!

******************
ラーメン二郎 中山駅前店
神奈川県横浜市緑区台村町309-1
昼の部 11時〜14時
夜の部 18時〜21時30分
Twitter : @NKYMJIRO
 
******************
ギャラリー
  • ラーメン二郎 川越店
  • ラーメン二郎 川越店
  • ラーメン二郎 川越店
  • ラーメン二郎 川越店
  • ラーメン二郎 川越店
  • ラーメン二郎 川越店
  • ラーメン二郎 川越店
  • ラーメン二郎 川越店
  • ラーメン二郎 川越店