2017年04月

ラーメン二郎 品川店

ラーメン二郎 品川店

本日はラーメン二郎 品川店です。


最寄り駅は京浜急行・北品川駅です。


北品川駅改札口を左に出て


踏切を渡り終えると


一歩脇道に入ると住宅街。

この辺りは旧東海道の品川宿。

踏切を渡り突き当たりを左に曲がると北品川商店会。


北品川商店会は、この日も静かな佇まい。


一つ目を右へ。
急な下り坂の先から視界が開けてきます。


東海道品川宿、正確には跡地とつけるのが正解なのかな。


交差点を真っ直ぐ行くと左手に都営バス 北品川営業所。


北品川営業所から信号の二個先辺りが、ラーメン二郎品川店です。


4月25日(火)、18時48分到着。
待ち9です。

待ち客は自分以外はスーツ姿のお客さん。

写真はGWの営業情報の貼り紙。


改装してからも使い続けていた券売機は、お役御免からの新しい券売機です。
新しい券売機になってから、ネギが発売されました。

調理は2杯づつのロットなので、行列4人以内になったら、食券を買いに行くぐらいで大丈夫です。


20分程で着席。
席と席の間隔が広く、背面も十分スペースがあります。
背面の壁にはフックがあるので荷物やコート等もかけられるので便利です。


卓上にはブラックペッパー、一味唐辛子、爪楊枝、割り箸、水差しポット。
水差しは、中身のお水が無くなったら、高台にあげましょう。

店員は田中邦衛似な店主と左とん平似なお二人。

2杯1ロットで2ロット後、

左とん平似な方から手かざしで、どうぞ〜と声がかかり

全部で!!

大ブタ(900円)ネギ(100円)
全部=ニンニク野菜アブラカラメ

横から

真っ白な乳化スープが美味そうです!!
早速頂きます!


先ずは上に載った野菜とアブラからです。
ブラックペッパーと一味唐辛子をかけて頂きます。

野菜は食べた瞬間にわかるバリバリな歯応え。
しかし柔らかい部分もあり、より分けるのも難しいので、適度にスープにつけながら、つけ野菜として頂きました。

アブラにブラックペッパーをかけると危険な甘みとコショウの辛さのコラボ。
堪らなく美味い!!


豚は乱切りしたような断面で、恐らくカエシの吸い込みを良くする為?
噛み締めると吸い込んだカエシがジュワッと口の中に広がるので、すかさず麺を啜ると美味い!!


麺は細めの平打ちストレート、茹で加減は最良でした。
スープを良く吸うタイプでネギの味とスープが染み込んでいて美味い!!



スープは上から下までド乳化。
カエシのキレはないものの、アブラの甘みと豚の旨味のパンチのある味の上に、ネギ特有の洗練さと爽やかさがあります。

しかし個人的にはネギは別皿がいいなー。
味変で使用すれば変化する感じも味わえますからね。


底から大量のネギが出てきましたが、その他の固形物は食べ切り

ごちそうさまでした!!!



人気ブログランキングへ



店舗インフォメーション 
ラーメン二郎 品川店
定休日 日曜・祭日
昼の部 11時〜14時30分
夜の部 18時〜21時
メルマガ (臨休情報等)



ラーメン二郎 相模大野店

ラーメン二郎 相模大野店


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


最寄り駅は小田急の・相模大野駅です。


相模大野駅・正面改札口を出るとstationSQUAREという複合商業施設が正面に見えます。
中を通り抜けていくと近いのですが、今回はこの写真から右手に行くところからスタートします。


この日は大規模なフリーマーケット(?)のような催し物が駅前で行われており、たくさんの人で賑わってました。
駅前広場まで出たら、stationSQUAREの建物に沿って左へ。


ボーノが見えてきました。
ボーノも複合商業施設。
飲食店やコンビニなどが入居してます。
左右にビルが見えるので、ビルとビルの間を歩いていきます。


通り抜けると住宅街が見えてきました。


大野銀座商店街の入り口が見えてきました。
ここで地上に降ります。


大野銀座商店街の中を歩いて行きます。


ツルハドラッグが見えてきました。

向かいには相模大野店専用の駐輪場。

ここを右手に曲がります。


右奥に見える電信柱のそばが相模大野店です。
徒歩10分ほど。


4月23日(日)12時20分着、外待ちは遊園地式の鎖内からはみ出た待ち21人でした。


外待ち5人待ちまで15分。
外から券売機を撮影。
大盛りや豚マシも販売中。
券売機到着までに売り切れない事を祈ります。


店内に入ったら前の人に続いて1人づつ買いに行きます。
豚マシも大盛りも無事に販売中。
中待ちは5〜6人程並べます。

中待ちの間に、相模大野店店主から、食券を見せて下さい〜と声がかかる事があります。


並び始めてから50分程で着席。
カウンターのみの14席、店主前席の奥から4番目の角席へ。
大体、7〜8杯ロットで回ってます。


卓上調味料は左から、マジック唐辛子、一味唐辛子、白と黒を混ぜたコショウ、卓上醤油。
お箸はエコ箸と割り箸の2種類。 
エコ箸をなるべく使用して下さいと以前のアナウンス。

店員は力士出身の店主と大柄のメガネの助手さん、夜にいるメインの助手さんの3人体制。

提供順は、ラーメン→つけ麺→賄いの順でした。

ロット最後に、店主から「お待たせ〜」と声がかかり

ニンニクアブラカラメ!と申告

大ラーメン(820円)賄い(200円)ブタ入り(250円)つけ玉(100円)
ニンニクアブラカラメ

別角度

つけ玉
 

賄いは、下の丼を使ってよくかき混ぜて下さい〜と毎回声がかかります。

では早速頂きます!



先ずは野菜とアブラからです。
野菜の茹で加減は上々で、もやしは髪の毛一本くらいの芯があり、歯応えも残してあります。
アブラは盛り付けの時にカエシをチョロッとかけるのが相模大野店流。
ジャンクさを出すなら、コショウをかけるのも良いと思います。


思いの外野菜が多かったので
マジック唐辛子をかけて、野菜を食べ進めます。
あまり辛くないので他の味を壊す事がないのでオススメです。


豚はカエシの染み込んだしょっぱ目の味つけ。
サイズは小さめではありますが、しっかりと豚の旨味も残っており、物凄く柔らかい。


豚と野菜を食べ終えて混ぜていきます。



麺は二郎標準より細めで厚みが薄めな平打ちストレート。
芯を少し残した茹であがりで、噛みしめるとクニクニとした食感で美味い!!


後半〜終盤は汁気が減っていくので、つけ玉を投入して汁気をプラス。


賄いは冷たい汁なしで、化調、カエシ、スープの液体アブラをタレとして使用してます。
終盤、アブラがしつこくなり失速して時間切れで完飲はならず。。。
他の麺、野菜、豚は完食。

ごちそうさまでした!!!













人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



ラーメン富士丸 西新井大師店

ラーメン富士丸 西新井大師店

******************
ラーメン富士丸 西新井大師店
東京都足立区西新井1-7-7
定休日 毎週月曜
18時〜24時
******************





最寄り駅は東武大師線・西新井大師西駅ですが、この日は東武スカイツリーライン・西新井駅西口から行きました。


人気ブログランキングへ


4/22(土)19時25分着、到着すると外待ち4名でした。

こちらでは食券を先に買ってから並びます。

土砂降りの雨でしたが、見る見るうちに列は延びて15人待ちに。

タイミングは良かったようです。

19時40分過ぎに着席。



卓上調味料はバラバラになってましたが、
ラー油、白すりごま、一味唐辛子、ブラックペッパー、卓上醤油の5種類。

店員はマサ店長と、さえちゃん助手。

最近は野菜の調理や盛りつけを、さえちゃんが行う事もあるようです。

#メニュー#
ラーメン 850円
豚 1150円
生たまご 60円
ゆでたまご 80円

******************
無料トッピング
ニンニク(多め・少なめ)
野菜(多め・少なめ)
アブラ(多め・少なめ#少なめは食券渡し時)
カラメ(カラメ・薄め#薄めは食券渡し時)

麺少なめ・半分(食券渡し時)
******************

着席から5〜6分程で マサ君店長から

ニンニクは入れますか?と声がかかり

ニンニクアブラと返答

ラーメン・柔らかめ(850円) 生たまご(60円)
ニンニクアブラ(無料)

別角度

生たまご

別皿アブラ

デフォルトの盛りつけが見たくて大人しい盛りです。

早速頂きます!!



ノーコールだと野菜は、ほんの少し。

クタクタな茹で加減で、茹でる汁には麺の茹で汁が使われているようでした。

自分のロットはマサ店長が盛りつけしてくれましたが、さえちゃんが盛りつけしてくれる事もあるようです。


豚はこの日はハズレの硬い部分ながら、
味付けは塩っぱくて好みな味付けです。
ブタをかじりながら麺を食べるのも好きな食べ方。


早々にブタと野菜は食べ終えて麺をほぐしにかかります。



麺は富士丸@神谷本店の2階で打たれている、富士丸製麺の平打ち縮れ。

茹で加減を柔らかめでお願いすると、ボソボソ感が低減されて、ツルツルの麺肌にプリッとした食感。

硬めやデフォルトの茹で加減だと、食べた時にバラバラになるイメージですが、しっかりと麺の風味が味わえます。


終盤は別皿アブラに生たまごを投入してセルフアブラそばに。

こちらのお店はカエシが多めに入ってるので、もたれにくい。


スープは豚出汁がたっぷりでいて、アブラが強過ぎないバランス型。
カエシがキリっと効いていて好みな味。


全体的に量はそれほどでもなかったですが、デフォルトの味を十分に堪能できつつ、麺とスープのバランスがとても良く、富士丸を食べ慣れてない人でも十分に堪能出来るいいお味でした。

次回からは野菜や豚をたっぷり堪能したいです。

ごちそうさまでした!!!




人気ブログランキングへ

ラーメン富士丸 明治通り都電梶原店

ラーメン富士丸 明治通り都電梶原店
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ラーメン富士丸 明治通り都電梶原店
定休日 月曜日
18時〜24時

最寄り駅 都電荒川線 梶原停留所

JR 上野東京ライン  尾久駅から徒歩10分


尾久駅前、明治通りを渡り左
そのまま明治通り沿いを歩き徒歩10分




20時20分頃到着、外待ち12に接続。

食券先買い→行列に接続します。





#メニュー#
ラーメン 850円
国産ブタメン 1150円
生たまご 60円
ゆでたまご 80円
売切(大盛り) 170円
ビール(おつまみ付) 400円
白炙りセット 現金 50円→食券渡し時申告
両炙り 現金100円→食券渡し時申告
白or炙り(選択制) 0円→食券渡し時申告

麺少なめ・半分 0円→食券渡し時申告
アブラ少なめ 0円→ 食券渡し時申告
(醤油)薄め 0円→ 食券渡し時申告

無料トッピング
(出来上がり直前(小上がり着席時)・ニンニクは入れますか?コール時)
ニンニク(多め・少なめ・半分・少し)
野菜(少なめ・多め)
アブラ(多め)
カラメ(カラカラ)


30分後に着席。
髪の長い店長と体のガッチリした感じの助手さんの2人体制。
席などは助手さんなら細かく指示されます。
この時、前後がグループだったので2組4人を飛び越えての着席の指示でした。

1ロット、5杯で回っています。


卓上調味料は右から一味唐辛子、卓上醤油、すりゴマ、ラー油、他にブラックペッパー。

カウンターに着席から10分程で、
店長からニンニク入れますか?と声がかかり

ニンニク多めカラメと申告。

ラーメン(850円)大盛り(170円)生たまご(60円)白炙り(現金50円)

横から



炙られたブタが美味そうです!
早速頂きます!



先ずは野菜からです。
キャベツはロールキャベツのように甘く、モヤシは芯が全くない鍋茹でのクタクタ野菜。
アクセントを加えるなら、一味唐辛子がオススメ。



白炙りにしたので、豚は炙られています。
肉質は箸で掴むと割れてしまう程柔らかく、醤油をつけてバーナーで炙ってあるので香ばしい。
国産ブタメン+両炙りの組み合わせも試してみたい。


野菜と豚を食べて麺をほぐしていきます。


麺は芯を多めに残した茹で上がりの平打ちちぢれ麺。
麺肌はザラザラしてますが、噛みしめるとバラバラになる低加水麺。
大盛りにしたので量はそれなりにあり、個人的食べ応えは十分。


ラーメンの方を食べ終わり、お楽しみの白へ。


白には別皿アブラと生たまごをかけ、卓上醤油、ラー油、ブラックペッパー、レンゲに残しておいたニンニクを少々入れてセルフ汁なしとしてカスタマイズして頂きます。

白ネギがいいアクセントになり、生たまごが滑らかな舌触りを演出して美味いです!!


富士丸の麺はクセがあるので、柔らか目の方が好みかな?
やや苦戦したものの何とか食べ終わり、

ごちそうさまでした!!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ラーメン二郎 三田本店(夜の部)

ラーメン二郎 三田本店(夜の部)
人気ブログランキングへ





ラーメン二郎 三田本店
定休日 日・祝
昼の部 8時半頃〜15時頃
夜の部 17時頃〜20時頃

最寄り駅 : JR田町駅 都営三田線三田駅

田町駅西口&三田駅1番出口→田町駅前信号(国道15号線)を横断


慶応仲通り商店街→桜田通りを横断


右手に東京タワー


富士そばの左脇の広めの道路を真っ直ぐ

右手に慶応大学→ゆるい坂道を下り


 到着したら最後尾に並びます。
お店の隣には一般の月極駐車場があり、駐車場にかかる所にはパイロンがあるので、パイロンまで行列が延びていたら折り返します。
更に横断歩道まで並んだら、横断歩道で折り返しの繰り返し。


17時ちょうどに到着、待ちは18で角付近。

表通りまで列が進んだら、お店の壁よりに一列で並びます。


お水は助手さんからサーブ。


食券は行列先頭から7人までくらいに購入→助手さんから食券確認(券見せ)(要望ある場合 :麺硬め柔らかめ・麺少なめ半分・アブラ少なめ味薄めを同時申告)

小ラーメン 600円
小ラーメン 豚入り 700円
豚ダブル入りラーメン 800円
大ラーメン 650円
大ラーメン 豚入り 750円
豚ダブル入り大盛りラーメン 850円

無料トッピング
ニンニク(多め・少なめ・半分・少し)
野菜(多め・少なめ・半分)
アブラ(多め・ダブル)
カラメ(カラカラ)

無料トッピングの申告タイミング
麺茹であがり→麺あげ後→ニンニクは入れますか?と助手さんからコール

例  ニンニク野菜

提供順 (着席順関係なし)
硬め→ノーコール→柔らかめ
裏口→センター→券売機側

助手さんからニンニク入れますか?の問いかけ

「ニンニクカラメで!」と申告


大ラーメン豚入り(750円)
ニンニクカラメ(無料)

横から

醤油の色が鮮やかですね!
頂きます!


野菜は芯が少し残る茹で上がり。
三田本店名物の冷野菜は、茹で上がり後にバケツで水をぶっかけて冷やします。
バリバリとした食感で、スープに浸しながら頂きました。


野菜はのみだと飽きるので、豚を引っ張り出します。



豚は腕肉で、三田本店ではいろいろな場所を切り分けてもらえる事がある。
しっとりとした肉質な上に脂身との比率も良く、カエシの入り具合が秀逸でニンニクも良く効いた、しょっぱ美味っ!!


ある程度豚と野菜を食べたら天地返し。



麺はやや厚みのある細めの平打ちやや縮れ。
ピロピロした食感で麺肌はツルツルとしている。
以前のようなフニャフニャのものではなく、力強い感じに変わっていた。

個人的には今の麺が好き。


スープは非乳化でやや液体アブも見えましたが、味醂とグルがビンビンに効いていて、非乳化ながら豚の旨味もたっぷり。
率直な感想でいうと食べやすい!


全体的には麺の強さとスープの美味さがガッチリ噛み合い、素直にスルスルっと入るのどごしの良さもあり、ストレスなく食べられました。

しかし、店内に漂う玉ねぎの少し傷んだような香りが強く、ややマイナスポイント。


全体量は軽めで、大盛りと言えど麺量は250g〜300gあたりか。
1ロット以内に完食。

ごちそうさまでした!!!!




人気ブログランキングへ


ギャラリー
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店
  • 豚ラーメン 板橋駅前店