ラーメン富士丸 神谷本店

本日は富士丸@神谷です。


最寄り駅は東京メトロ南北線・志茂駅です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


20時過ぎに到着、待ち22に接続。
今回は友人達と一緒です。

#店内に入店する時とカウンターや小上がり席(座敷)に着席する時は、助手さんの指示が出てから移動します。


***************
富士丸ラーメン 850円
国産ブタメン(豚増し) 1150円
大盛り 170円
生たまご 60円
ゆでたまご 80円
ビール(おつまみ付)400円
ジョッキ烏龍茶 200円
***************

21時前に店内待ちからの着席。
久しぶりの小上がり。
現金200円はジョッキ烏龍茶分です。

#助手さんが食券回収時に麺の茹で加減と味薄め・アブラ少なめの要望とジョッキ烏龍茶を頼む時は現金200円と共に伝えます。

以前より回転率は上がったと思います。


先着した生たまご。
器がステンレス製で綺麗です。
こちらのお店では、コップを始め全てステンレス製です。

小上がりに着席すると早めにトッピングを聞かれますので、お願いするトッピングは決めておきましょう。

メモを持って助手がやってきて、
「ニンニクは?」と聞かれたので、ニンニク野菜アブラと伝えました。

***************
トッピングコールは以下の通り
ニンニク(多め・少なめ・少し)
野菜(多め・少なめ)
カラメ
アブラ(多め・少し)

#マシ・マシマシは原則通じない模様
***************

国産ブタメン(1150円) 生たまご(60円)ジョッキ烏龍茶(現金200円)
ニンニク野菜アブラ

別角度

角度が取れなくて、別角度からの写真は無し。

小丼で限界盛り、ありがとうございますm(_ _)m

早速頂きます!!



先ずは野菜からです。
キャベツはロールキャベツのように甘く、茹でたてなので温かい。
モヤシは透き通るくらいのクタクタな茹で加減で、吸い込むとそのまま飲めちゃうくらいの柔らかさ。
キャベツからの甘味が乗り移り、堪らない美味さ!
甘過ぎるなという人は、一味唐辛子が個人的オススメ。


野菜のオカズには豚です。
豚はしっかりとカエシの入ったトロリとした舌触り。
マグロでいえば、マグロの醤油漬けのような食感。
もちろん肉々しいのもありますが、野菜のオカズにはぴったり。

豚と野菜は中盤までに食べるのがコウスケ流。


ほとんど野菜と豚を食べて天地返し。


麺は柔らか目でお願いしたのでツルツルな麺肌は、マカロニくらいの食感。
芯も少なく食べやすい。
ボソボソ感は低減されて、ボソボソ感が苦手な人にはオススメです。

しかし柔らか目にすると、丼の底から折り畳むように沈んでいるので、見た目以上に量はある。
途中で少し心が折れかけた。



スープはトロミを感じるくらいの豚出汁の濃厚さと、アブラの溶け込んだヘビーなもの。
アクセントに生姜の鮮烈な味が所々でやってくる。

柔らか目の時は、ややスープが薄く感じた時は、卓上の醤油を足して醤油のキレを演出する。


いつもならセルフアブラそばにして頂くところですが、全く余裕がなくて、生たまごとアブラは味変として使用してしまいました。

全体的にはいつもの暴力的な味よりは、マイルド感があって良かったけど、個人的には少し物足りないので、柔らか目と普通の茹で加減を交互に食べるのもアリかと思いました。

ごちそうさまでした!

******************
ラーメン富士丸 神谷本店
東京都北区神谷3-29-11
定休日 月曜日
18時〜24時

******************
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ